2015年9月29日火曜日

いまやヤクザも組織立ってネットを使う時代?山口組は非公式の建前ながら「麻薬追放国土浄化同盟」というサイトを運営

ヤクザもネット活用する時代 山口組が麻薬追放サイト運営も

2015.09.28 07:00



21世紀はインテリジェンス(諜報)を駆使した「武器なき戦争」の時代だといわれる。その流れは“暴力”を生業にするヤクザも例外ではない。山口組の分裂騒動は、インターネットを駆使した新時代の“抗争”に突入した。フリーライター・鈴木智彦氏がレポートする。

分裂直後、山口組の実力派が拮抗する大阪でも、神戸山口組系の一団が敵対する直参組織前で示威行為をしていたことが確認されている。神戸側の先鋭部隊はそのまま東進し、数日後、甲信越組織で目撃された。さらにその後、名古屋に姿を見せたという噂が流れ、暴力団社会は騒然とした。
 
名古屋は司忍六代目の出身母体である弘道会の地元で、いわば敵の本丸に乗り込んだ形になる。噂が事実なら土足で母屋に侵入したに等しく、明確な挑発行為だ。山一抗争(※注)当時に同様のことをすれば、即座に事件になっただろう。いまでもこうしたゴタゴタが積もり積もれば事件が起きる。現在は双方ともに「こちらから攻撃は仕掛けない」と明言していても、最後は暴力のぶつかり合いになる。

【※注:1984年に竹中正久組長が四代目を襲名したことに反発した反竹中派が「一和会」を結成。竹中組長は一和会に殺害されたが、山口組の報復が激化。1989年の終結までに双方で25人もの死者を出した】
 
「東京は血の海になるでしょう」などとTwitterでつぶやいて急激にフォロワーを増やし(フォロワー2万人以上)、活発に発言している「組長」なる人物が、神戸側の人間と宣言していることは以前触れた。時事ネタと洒脱な会話でファンを増やしながら彼は頻繁に敵地である名古屋を訪問し、証拠となる写真も投稿している。
 
写真を偽造するのは簡単だが、9月16日には突然、携帯電話のGPS機能を使った位置情報をONにした。どこにいるかはっきり証拠を残したわけで、「名古屋なう」という刺激的な投稿もあった。

個人で匿名のSNSなら笑い話かもしれない。が、いまやヤクザも組織立ってネットを使う時代だ。山口組は非公式の建前ながら「麻薬追放国土浄化同盟」というサイトを運営しているし、組の行事をYouTubeにもアップしている。山口組本部の取材の際、最前列にカメラを持った組員を見かけることも多い。

ネットばかりか、「山口組新報」という機関紙も復刊させている。離脱派の拠点のすぐ近くまで出向き、写真を撮影し、こうした媒体に掲載すれば十分な挑発になる。神戸山口組も対抗して公式サイトや機関紙を制作する可能性はある。

ネットを駆使した新時代の情報戦が始まっていることは間違いない。

※週刊ポスト2015年10月9日号

参照元 : NEWSポストセブン





麻薬追放国土浄化同盟HP

麻薬追放国土浄化同盟(まやくついほうこくどじょうかどうめい)は、1963年4月、山口組の田岡一雄らが結成した、麻薬・覚醒剤撲滅を目的とした団体。一般的には、山口組の東京進出を偽装することを目的としたと考えられている。

山口組の東京進出はかねてから在京の団体との摩擦を引き起こしていたが、1963年3月、グランドパレス事件が勃発すると、事件を受けて、錦政会(後の稲川会)・稲川裕芳会長(後の稲川聖城)は、右翼活動家・児玉誉士夫の提唱する東亜同友会から脱退した。

そこで児玉は、田岡組長と稲川裕芳の仲介を行った。児玉は、田岡に「襲撃に関係した井志組横浜支部組員全員の除名と、山口組井志組・井志繁雄組長の断指と、横浜在住の山口組関係者を10人にする」との手打ちの条件を示した。田岡は児玉の条件を受け入れ、和解した。

しかし一方、同年4月、田岡は、右翼活動家の田中清玄、麻薬審議会・菅原通済会長、参議院議員の市川房枝、作家の山岡荘八、評論家・劇作家の福田恆存らと、麻薬追放国土浄化同盟を結成し、横浜市で結成大会を開いた。同盟の総本部は、兵庫県神戸市中央区橘通の山口組本部に置かれた。

また、山口組益田組・益田芳夫組長(後の益田佳於)を、麻薬追放国土浄化同盟横浜支部長として、事務所を開設させた(実質的には益田組横浜支部として使われた)。かくて田岡は、児玉が行った山口組と錦政会との手打ちを実質的に反故にした。さらに田岡は、東亜同友会への参加を取り止めた。

このことは、田岡率いる山口組が、児玉の威勢をも無視して東京進出を果たす強い意志と能力があることを内外に見せつける結果となった。

2013年中にウェブサイトを開設した。2014年2月11日、東京BREAKING NEWSが山口組の餅つき大会動画をYouTubeに投稿した団体として、サイトともども紹介した。4月2日、フランス通信社が独自取材を加えて後追いした。フランス通信社の報道時点で、約165000のアクセスがあった。

イギリス『ガーディアン』紙が同記事を配信すると、日本の他メディアも後追いした。『ガーディアン』は警察関係者のコメントとして、サイトが山口組によって作られたかどうかは断言できないと報じたが、ニュースフィアの記事によると、ドメイン情報は山口組総本部の住所が登録されているという。

サイトでは山口組による阪神・淡路大震災や東日本大震災でのボランティア活動、餅つきや初詣の動画などを公開している。また、昭和51年(1976年)に「全国国土浄化同盟」と改称したとしているが、サイト名は「麻薬追放国土浄化同盟」となっている。

サイト開設の動機として、領土問題・拉致問題などの外交、検察・警察不祥事や政治家による原発事故への発言、年間3万人を超える自殺者などの諸問題を挙げている。また、現在の麻薬・覚醒剤密売は「大半が不良外国人によるもの」であり、「多くの日本人が手を貸していることも事実」だが、「大半は任侠組織の規律を守らず処分されている者達です」と主張している。だが2015年6月25日、覚せい剤約3.4キロを所持した疑いで山口組山健組系組員が逮捕された。

以下略

参照元 : wiki/麻薬追放国土浄化同盟

2015年9月25日金曜日

山口組分裂で結成された「神戸山口組」の中核団体「宅見組」に大阪府警が家宅捜索 山健組の傘下組織にも

「宅見組」を家宅捜索 神戸山口組の実態把握へ

2015/09/25 13:40



指定暴力団「山口組」の分裂で新たに結成された「神戸山口組」の中核団体「宅見組」に大阪府警が25日朝、家宅捜索に入りました。

宅見組への家宅捜索は山口組の分裂後、初めてとなります。捜査関係者によりますと、今月中旬、宅見組の傘下組織の暴力団組員が覚醒剤を使用した疑いが強まり、関係先として宅見組の事務所を捜索したということです。宅見組は神戸山口組の中心的存在で、入江禎組長は神戸山口組で副組長と呼ばれる最高幹部の一人です。

大阪府警は捜索で神戸山口組の実態を把握する狙いです。一方、山口組を離脱した山健組の傘下組織にも25日朝、兵庫県警が家宅捜索に入りました。傘下組織の幹部が用心棒代などの名目で現金8万円を受け取った疑いで逮捕されています。

参照元 : テレ朝ニュース






”宅見組の傘下組織の暴力団組員が覚醒剤を使用した疑いが強まり”

なぜ組員が覚醒剤を使用していた事が分かったのだろう?これは内部に警察と癒着している密告者がいるのではないのか?

ビートたけしの映画アウトレイジみたいな感じ?

警察は分裂した新組織側ばかりガサ入れしている。

宅見組


二代目宅見組(たくみぐみ)は大阪府大阪市中央区千日前1-8-23に本部を置く暴力団で、神戸山口組の二次団体。

◆宅見組系譜
初 代 - 宅見 勝
二代目 - 入江 禎

◆二代目宅見組組織図
組 長 - 入江 禎(神戸山口組副組長)

◆執行部
組長代行 - 青木恵一郎(二代目西岡組組長)
若 頭 - 今村仁志(二代目勝心連合組長)
舎弟頭 - 金澤慶福(金澤興業組長)
本部長 - 須藤基之(須藤会会長)
舎弟頭補佐 - 松島一広(松島組組長)
舎弟頭補佐 - 宮永俊文(宮永組組長)
舎弟頭補佐 - 中澤 貢(禎心実業組長)
舎弟頭補佐 - 中山忠明(政心会会長)
舎弟頭補佐 - 鐘ヶ江重剛(剛竜会会長)
若頭補佐 - 森島 厚(厚和会会長)
若頭補佐 - 加納龍二(二代目坂本組組長)
若頭補佐 - 後藤昭裕(二代目佐藤会会長)
若頭補佐 - 渡辺 誠(四代目石川一家総長)
若頭補佐 - 佐藤誓吾(佐藤総業組長)
若頭補佐 - 山田 一(三代目杉本組組長)

◆舎弟
最高顧問 - 荒牧堅次郎(荒牧組組長)
相談役 - 福原光三(福原組組長)
相談役 - 萩尾敬一(敬心連合組長)
相談役 - 酒井冨士男(酒井興業組長)
相談役 - 安達 崇(三代目武村組組長)
舎 弟 - 山本健二(山斗会会長)
舎 弟 - 石原正吉 (石原総業組長)

◆幹部
事務局長 - 柳沢昌行(柳沢会会長)
吉村秀生(吉村興業組長)
竹田一弥(二代目勝侠同士會会長)
中居栄明(八代目松野会会長)

◆若中
和泉友慈(和泉総業組長)
星加 禎(二代目江新会会長)

初代宅見組組織図

二代目宅見組組織図・平成10年

二代目宅見組組織図・平成27年

参照元 : wiki/宅見組

2015年9月24日木曜日

なぜヤクザは減っているのか?大阪西成区に拠点を置く暴力団・二代目「東組」 暴排徐条例で受けた影響を語る

ヤクザを取り巻く環境は厳しくなってきている。武闘派集団である二代目東組も例外では­なかった。大阪西成区に拠点を置く暴力団・東組事務所にて暴排除条例で受けた影響を語る。

54年前に結成され、構成員は現在150人。他の組織と激しい抗争を繰り返しながら独立を維持し続けて来た。 取材に応じたのは川口和秀副組長ら幹部たち。



挨拶にも暴力団を取り巻く現状が垣間見えた。取り締まりが強化されるなか、名刺も脅迫の可能性があるため、渡していないという。もっとも打撃を受けているのは金融機関の口座解約の増加だという。



幹部の一人は、子どもの学校の授業料が口座引き落とし出来ず、毎月現金で持参させた。学校で子どもが特殊な扱いを受けるようになったと主張する。

自動車保険にも入れず、事故を起こしても保障もないという。暴力団の利益に繋がる要素を徹底的に遮断し、組織の弱体化が図られている。



東組 (指定暴力団)

二代目東組(あずまぐみ)は大阪府大阪市西成区山王1-11-8に総本部を置く指定暴力団。構成員は約150人。

東組系譜
初 代 - 東 清
二代目 - 滝本博司

◆二代目東組組織図
組 長 - 滝本博司

◆執行部
副組長 - 川口和秀(二代目清勇会会長)
若 頭 - 田村順一(三代目森田組組長)
舎弟頭 - 田中明彦(田中組組長)
若頭代行兼本部長 - 中江常雄(二代目滝本組組長)
渉外委員長 - 木村雄治(大侠会会長)
組織委員長 - 土方基成(司成会会長)
風紀委員長 - 久住修元(三代目州平会長)
慶弔委員長- 土井良一(博龍会会長)
若頭補佐兼組長秘書 - 宮脇信行(三代目赤松組組長) - 服役中
若頭補佐 - 稲葉浩二(稲葉組組長)
事務局長 - 木村純壹(木村組組長)

◆舎弟
桜井正友(桜井会会長)
金城一義(三代目関谷組組長)
柳沢光年

◆組長秘書
組長秘書 - 薮田 等(二代目滝本組副組長 滝心会会長)
組長秘書 - 福本祐二(二代目滝本組舎弟頭)

◆若中
野上靖弘
青山 貢(青山組組長)
林 久三(林組組長)
浜 研二
岸田一三(岸田組組長)
森岡憲史(二代目田村組組長)
渡辺達夫(二代目赤松会会長)
小村博文

◆本家付
奥山康行
市野 保
山澤区敬
大野大介(二代目清勇会若頭)
山本 清(田中組若頭)
沖野弘行

初代東組

二代目東組組織図・平成22年

参照元 : wiki/二代目東組





2015年9月22日火曜日

アメリカ極悪刑務所を生き抜いた日本人「Mr.KEI」の壮絶な人生

【アメリカ極悪刑務所を生き抜いた日本人】Mr.KEIまとめ【チカーノカルチャー】

FBIのおとり捜査で捕まる。米刑務所にて徒党を組まず暴れまくるも、刑務所内で知り合ったチカーノと呼ばれるメキシコ系アメリカ人との交流によって人生における大切なものを学ぶ。

チカーノ系ブランドショップを経営。ファッション、タトゥー、書籍、コンピレーションCD、DVD、映画など幅広いプロデュースを行う。

Mr.KEI





アメリカの留置所・刑務所に10年以上投獄され、生き抜いた日本人

しかし、絶望の極致でチカーノと呼ばれる人種に出会い、壮絶ながらポジティブに生き抜くことができた。KEI チカーノになった日本人(東京キララ社)発売により、チカーノ・ブームを巻き起こし、中心人物となる。



FBIの囮捜査にはめられ、カリフォルニアの刑務所に10年以上服役した男の壮絶なるハードコア・ライフ。抗争や殺人事件が日常茶飯事のアメリカの刑務所。そこには人種ごとに様々なグループがある。

唯ひとりの日本人として孤独な闘いを続けたKEIだが、ある日、その暴力性、結束力で最も恐れられているチカーノ(メキシコ系アメリカ人ギャング)の伝説的なボスと運命的な出会いを果たし、彼らと家族同然の付き合いが始まる。

チカーノは貧しいが、金では動かない。家族を大切にし、仲間のためには自己をも犠牲にするヤツらだった。新たな写真とエピソードを追加した改訂版。

以下略

参照元 : NAVERまとめ


MR.KEI

幼少期
1961年、中野区に生まれる。父親は生まれてすぐ蒸発、母親は育児放棄。小学生時代、親元を離れ、親戚中をたらい回し。ソープランドのタコ部屋で一年近く生活。祖父母の家を転々とし、育つ。

中学時代、サッカーに熱中し、全国大会2位に。

しかし!教師をナイフで刺し、14歳で地元の暴走族「マッドスペシャル」に入隊。地元では知らない人がいないほどの悪童に。

ヤクザ時代
15歳、中学を卒業とともにヤクザデビュー。しかし、ピストルで兄貴分の金玉を撃ち抜き破門に。命が狙われる生活が続く。

商売は絶好調!
ポケベルの皮ケース通販。月に3000万以上販売。NTTから回線がパンクするから回線を増やしてくれとお願いされるほど。

シンナー、トルエン販売。一日70万円以上。オロナミンcの瓶に入れて販売していたが、売れすぎて蓋がプルトップ方式に変更!?

本格的に麻薬取引開始!
当時、日本になかったコカインが大当たり。コカイン欲しさに組を潰してしまう組長がいるほどバカ売れ!

さらに海外でも麻薬取引
サイパンでは覚醒剤がバカ売れ!一回の取引で数千万円のあがり。

そして27歳の時、韓国クラブのママと結婚
この結婚でママのお店に通っていた別の客とモメて命を狙われる。最終的に指を詰める嵌めに。

29歳の時、麻薬の取引で訪れたハワイでFBIおとり捜査で捕まり懲役9年の実刑判決。ロサンゼルスの刑務所に収監される。捕まった当時、3億円あった資産は全てアメリカ合衆国が没収。資産の10%がFBIが雇ったスパイの報酬に。

刑務所時代
アメリカの刑務所は凶悪度に応じて収容される刑務所が違い、5段階に分別されている。初めて入ったロスの刑務所は凶悪度が上から2番目のレベル4.しかし、すぐに問題を起こし、レベル5の刑務所に移送される。レベル5の刑務所では懲役888年の終身刑者が多い。これ以上、刑期が伸びようがないので、囚人たちはちょっとしたことで、すぐに暴れる。

日本と違い、働いたら毎月給料が貰える。毎月IDカードに入金されて、それで買い物ができる。



チカ―ノの刑務所内でのルール
・ビックホーミー(ボス)の言う事は絶対
・よそ者の前で歯を見せてはいけない
・オカマに手を出してはいけない
・痛い時に叫び声を挙げてはいけない
・筋トレを欠かしてはいけない



死ぬかと思ったベスト3
・第3位 → ベンチプレスをしている時、いきなりナイフで刺された
・第2位 → ビックホーミーの席を取って80人に囲まれた
・第1位 → 拘置所で日本に電話していた時、黒人30人から袋叩きにされ全身骨折



2001年、10年の刑期を終え、日本に帰国。

2003年、平塚にチカ―ノファッション専門店「HOMIE」をオープン。グッドファミリー設立。

2015年9月17日木曜日

警視庁が山口組分裂を「弱体化最大の好機と捉え、真の打撃を与える取り締まり」を行うよう指示 兵庫県警が侠友会事務所を家宅捜索

「好機、真の打撃を…」山口組分裂で、警視総監指示

2015/09/14 19:20



警視庁の高橋清孝警視総監は、警察署長会議で指定暴力団山口組の分裂に触れ、対立抗争の未然防止に組織の総力を挙げて取り組むことを指示しました。

高橋清孝警視総監:「6代目山口組については、一部の傘下組織が離脱し、『神戸山口組』と称する組織を立ち上げたとされております。先制的な取り締まりを行い、対立抗争事件の未然防止に万全を期されたい」

警視庁は14日、警察署長ら幹部を集めた会議を開きました。高橋警視総監は、山口組の分裂について対立抗争の未然防止とともに、「(山口組の)弱体化の最大の好機と捉え、真の打撃を与える取り締まり」を行うよう指示しました。

また、開催まで8カ月余りに迫った「伊勢志摩サミット」について、2005年にイギリスで開催されたサミットでは、開催地から遠く離れた首都ロンドンで同時多発テロが発生したことを例に、東京における警戒を徹底する必要があると訓示しました。

参照元 : テレ朝ニュース








他にも、山口組から離脱した侠友会の暴力団事務所を兵庫県警が家宅捜索。













侠友会 (兵庫県)


侠友会(きょうゆうかい)は、兵庫県淡路市に本部を置く暴力団で、神戸山口組の二次団体。

組織の概要
設立者 : 寺岡 修
本部 : 兵庫県淡路市
首領 : 寺岡 修
上部団体 : 神戸山口組
敵対組織 : 六代目山口組

略歴
2015年8月、指定暴力団六代目山口組を離脱して、2015年9月、14団体で、神戸山口組を結成する。 侠友会会長寺岡修は、神戸山口組若頭に就任した。

当代
会長:寺岡 修(神戸山口組若頭/六代目山口組舎弟/五代目山口組若中)

構成
役職   氏名       三次団体
会 長   寺岡 修
若 頭   新福 孝      新友会
舎弟頭   金村修冶      金村組
本部長   井上憲生      六代目諏訪一家
若頭補佐・慶弔委員長 北 憲児  北組
若頭補佐  矢野政雄      矢野組
若頭補佐  坪田雅一      坪田組
相談役   中村紀正      四代目妹尾組
相談役   石川嗣大

参照元 : wiki/侠友会_(兵庫県)

日本最大の暴力団であり犯罪組織の警察が山口組に真の打撃を与える取り締まりを開始ですか・・・ 警察とヤクザの縄張り争いとしか思えない。

警察がヤクザを締め上げ過ぎると外国人マフィア勢力が日本でシノギを始める。すでに外国人犯罪は増加している。

山口組の二次団体「司興業」の幹部ら逮捕 「お前のせいで逮捕された。弁護士費用を払え」などと因縁付け、現金脅し取った疑い

「司興業」の幹部ら逮捕 「お前のせいで逮捕」因縁

2015/09/17 11:54



知人の男性から現金90万円を脅し取ったとして、警視庁は、指定暴力団山口組の二次団体「司興業」の幹部らを逮捕し、17日午前に名古屋市の組事務所に家宅捜索に入りました。

警視庁は午前11時すぎ、50人態勢で山口組の二次団体「司興業」の本部事務所に家宅捜索に入りました。司興業を巡っては、幹部の川崎誠治容疑者(49)ら3人が去年6月、東京・港区で飲食店を経営していた知人男性に「お前のせいで逮捕された。弁護士費用を払え」などと因縁を付け、現金90万円を脅し取った疑いで15日に逮捕されました。

川崎容疑者らは容疑を否認しています。警視庁は関係書類を押収するなどして、裏付けを進める方針です。警視庁は山口組が分裂したことを受け、情報収集と取り締まりを強化しています。

参照元 : テレ朝ニュース









司興業



三代目司興業(つかさこうぎょう)は愛知県名古屋市中区上前津1-8-3-東海ビル3Fに本部を置く暴力団で、六代目山口組の二次団体。

◆司興業系譜
初 代 - 司 忍
二代目 - 寺田武司
三代目 - 森 健司

◆三代目司興業組織図
組 長 - 森 健司(六代目山口組若中)

◆執行部
副組長 - 梶田欣児(梶田組組長)
若 頭 - 梶田一成
舎弟頭 - 町永拓也(町永組組長)
本部長 - 川崎誠冶(川崎組組長)
舎弟頭補佐 - 田口音弥(田口組組長)
舎弟頭補佐 - 長尾慎一
舎弟頭補佐 - 永井聡
若頭補佐 - 石川洋一郎(石川組組長)
若頭補佐 - 福田正幸(福田組組長)
若頭補佐 - 川木雄司
若頭補佐 - 渡辺浩之(渡辺組組長)
若頭補佐 - 盛 勇人

◆舎弟
相談役 - 伊藤義夫(伊藤組組長)
相談役 - 清野喜義(清野組組長)
舎 弟 - 竹村 広
舎 弟 - 二ノ宮 透

◆幹部
佐藤幸治(佐藤組組長)
山縣義人
尾崎尚久
宇山尊展

参照元 : wiki/司興業

2015年9月12日土曜日

山健組直系三代目宮鉄組・組長・松森治容疑者(52)を詐欺容疑で逮捕

山健組直系組長を逮捕 詐欺容疑、大阪府警

2015年9月9日 19時42分

中国から電話をかけ、だまし取ったキャッシュカードで現金を引き出したとして、大阪など6府県警の合同捜査本部は9日、詐欺容疑などで、指定暴力団山口組から分裂した新組織の主要団体・山健組の直系組長松森治容疑者(52)=神戸市長田区=を逮捕した。

大阪府警が9日午前に関係先として家宅捜索したのは山健組の事務所など計9カ所で、USBメモリーを押収した。府警は「神戸山口組」との名称とされる新組織の情報収集を進めるとともに、詐欺の収益が山健組の資金になっていた可能性があるとみて調べる。

参照元 : 共同通信


三代目宮鉄組(みやてつぐみ)は兵庫県神戸市長田区に本部を置く暴力団で、神戸山口組の三次団体。上部団体は四代目山健組。



宮鉄組系譜
初 代 - 宮 鉄夫
二代目 - 斎藤浩一
三代目 - 松森 治

組織図
組 長 - 松森 治(四代目山健組若中)

参照元 : wiki/宮鉄組

二代目宮鉄組組織図



宮鉄組系譜
初 代 - 宮 鉄夫
二代目 - 斎藤浩一

組織図
組 長 - 斎藤浩一(四代目山健組若中)
若 頭 - 成瀬智英(二代目堀田組組長)
副組長 - 能本 明

参照元 : wiki/二代目宮鉄組組織図

2015年9月11日金曜日

暴走族「スペクター」21代目総会長インタビュー 過去、現在、未来

1970年代に國士舘生により設立された暴走族集団「スペクター」。町田を発祥とし、­浅草、新宿中井、南千住、金町、練馬、相模、三鷹、東長崎、中野、浦和、長津田、八王­子、市川、松戸、習志野、山梨、愛媛、仙台、茨城、栃木などに支部を置きながら、更に­暖簾分けにより各地に構成員を増やし、単独の暴走族集団としては日本最大の規模を誇っ­ていた。



羽月カズヒロ氏は(1989年当時)習志野スペクターの21代目総会長。ヘッ­ドライトの光で道路が埋め尽くされるほどの大集会、チームの統制力の証であり不良少年­達の魂の具現化である特攻服への想い、そして死者も出た激しい暴走族同士の抗争…。







当­時を振り返りながら、たった一人になってしまった現在の習志野スペクターや、今も走り­続ける鎌ヶ谷南無場阿腕、キラー連合ニーナモーナの大竹隆一氏と五十嵐保哲氏、そして­スペクター伝説のリーダーである加々美恵三氏の元を訪ね、熱く濃く興奮しまくった時間­、そしてこれからの「夢」についても語る。

「暴走族がいなくなったのは、日本という国が完成されたからではないでしょうか。政府­がだらしなかったり、変動の時期にある国では必ずアウトローが弱者の先頭に立つのに、­今の日本はアウトローが活躍できない隙を許さない国になったということではないでしょ­うか」

2015年9月7日月曜日

特定危険指定暴力団「工藤会」、傘下の組から離脱者が急増 今年1~8月で31人

<工藤会>離脱者が急増 例年数人が今年既に31人

2015年9月7日(月)10時0分配信



◇市民襲撃や上納金流用に「嫌気」

特定危険指定暴力団「工藤会」(北九州市)傘下の組から離脱した組員が今年1~8月、31人に上ることが福岡県警への取材で分かった。例年なら年間で数人しかおらず、今年は8カ月間でその約4~6倍に達している。工藤会トップで総裁の野村悟被告(68)を逮捕した「頂上作戦」から11日で1年。他にも離脱の意向を示している組員がいるといい、弱体化が進んでいることが裏付けられた。

工藤会の組員数は昨年末で約520人。依然として500人弱が組に残っている計算になり、県警は壊滅を目指し捜査を続ける。

県警は、離脱の意思を示した組員について、その後、他の組員との付き合いを断ち、組の会合にも出なくなったことを確認できた場合、離脱者と認定している。県警によると2011年は8人、12年は7人、13年は5人だった。9月11日に頂上作戦を実行した14年でも16人で、今年1~8月の離脱者(31人)はそのほぼ倍に当たる。

以前は逮捕後に離脱を決意する組員が多かったが、頂上作戦以降は逮捕されなくても離脱を検討する組員がいる。県警に離脱の意思を示さないまま行方をくらませる組員もおり、離脱者の実数はさらに膨らむとみられる。

捜査関係者によると、福岡市で刃物を使って重傷を負わせた事件(13年)の被害者は、野村被告の通う医療機関の看護師だった。県警は、野村被告が治療について不満を抱き組員に襲撃を指示したとみている。県警からこうした経緯を知らされたある組員は「(組織とは関係のない個人的な事情で)何の恨みもない市民を襲って後悔している。こんなことをさせる工藤会という組織に嫌気がさした」と供述。離脱の意向を示した。

さらに、傘下の組員から集めた上納金など約8億円の所得を隠し、3億円余を脱税したとされる所得税法違反事件も離脱に拍車をかけている。この事件では、年間2億円超が野村被告に集まり、愛人や親族らに送金する私的流用が浮き彫りになった。工藤会系組幹部は、取材に対し「『やはりそうか』とは思った。ただ上納金は名目上、本部の運営費として集められている。私的流用がはっきりすると、寂しい気持ちになる」と語った。

警察当局は離脱者支援に力を入れている。福岡県警の要請を受けた警察庁は7月、福岡市博多区で就労支援のNPO法人などを集め、初めて「全国社会復帰対策連絡会議」を開催。地元への就職では工藤会から報復される恐れがあるため、福岡県警の千代延(ちよのぶ)晃平暴力団対策部長は「会の影響の及ばない地で、人生の一歩を踏み出せる仕組みを作ることが大切だ」と述べ、再就職に向けた取り組みを強化するよう訴えた。

◇工藤会

一般人への襲撃を繰り返し、特に悪質だとして2012年12月、日本で唯一「特定危険指定暴力団」に指定された。昨年末時点の組員数は約520人で全国で7番目。東京都や千葉県にも事務所を置いて活動しているとして、警視庁は昨年10月、専従捜査班による対策室を設けた。

◇31人の離脱者は「頂上作戦の成果」

日本弁護士連合会・民事介入暴力対策委員会元委員長の疋田淳(きよし)弁護士の話 31人の離脱者が出たのは頂上作戦の成果。市民からみかじめ料(用心棒代)を得るシノギ(資金獲得活動)が難しくなり、徐々に生活できなくなっているのだろう。みかじめ料を払う市民は今後も減り、さらにシノギは苦しくなる。就労が定着しないと暴力団に戻る可能性があり、警察が主体となって離脱者の受け皿作りをさらに推進すべきだ。

◇工藤会の野村悟被告に対する頂上作戦の主な経緯

<昨年>

9月11日 元漁業協同組合長射殺事件で逮捕

10月1日 看護師刺傷事件で逮捕

<今年>

5月22日 歯科医襲撃事件で逮捕

6月16日 上納金脱税事件(2010~13年の所得)で逮捕

7月6日 元福岡県警警部銃撃事件で逮捕

7月9日 上納金脱税事件(14年の所得)で逮捕

◇組員の約4割に当たる200人が勾留・服役中

工藤会系組員の約4割に当たる約200人が勾留・服役中であることが福岡県警のまとめで分かった。

県警は昨年9月、トップの野村悟、ナンバー2で会長の田上(たのうえ)不美夫(59)の両被告を元漁業協同組合長射殺事件(1998年)で逮捕。野村被告は歯科医襲撃事件(2014年)、元県警警部銃撃事件(12年)など、これまでに6回逮捕された。最高幹部への捜査は頂上作戦と呼ばれている。

県警は傘下の組員への強制捜査も続けており、今年1~8月末、昨年同期(54人)を10人上回る延べ64人を逮捕した。

毎年の逮捕者数は11年70人▽12年75人▽13年84人▽14年95人--と年々増えている。特に頂上作戦が始まった同9月~今年8月末は105人に上る。

参照元 : 毎日新聞


トップ不在なので、前から辞めたかった組員がこのチャンスに離脱を始めたのでしょう。工藤会は福岡県警というヤクザ組織によって完全に潰されました。




6代目山口組、司忍こと篠田建市組長(73)が傘下組長らに自らの意思を示した手紙の内容がヤバすぎる

山口組トップが示したとみられる手紙、FNNが独自に入手

2015/09/04 20:59



分裂騒動に揺れる山口組のトップが、傘下の組長らに自らの意思を示したとみられる手紙を入手した。

4日朝、教師たちに見守られ登校した生徒たち。

通学路の近くには、山口組から分裂した山健組の事務所がある。

この分裂騒動のさなか、FNNは「ある手紙」を独自入手した。

「このような内紛をしている場合ではないのである」などの内容の手紙を書いたとされるのは、渦中にある6代目山口組、司 忍こと篠田建市組長(73)。

9月1日、兵庫・神戸市灘区の総本部で行われた定例会で、傘下の組長たちに、この手紙が配られたという。

手紙は、「かつて経験したことのない重大なる局面を迎えており、われわれにとっては、最大の試練の時と思う。山口組には、内紛・離脱・分裂などを繰り替えして成長してきた、その過程の中で、有能な多くの人材を失ってきた歴史の反省と学習があった。人は、誰もが学習能力がある。彼らは、その体験者であるにもかかわらず、学習能力と反省がないのかと思うと、残念でならない。今、さまざまな形でのうわさ、流言飛語が飛び交っていると聞くが、真実は、皆が一番知るところである。軽挙妄動を慎み、この困難な次代にこそ、男としての神髄を究めることを希望する。道なき道を歩く、道を切り開くんだという心意気で、前向きに歩むことを望む」などというもの。

山口組から分裂した山健組などの13団体は、新たな組織を設立する動きを見せており、警察は、警戒を強めている。

参照元 : FNNニュース













かつて経験したことのない重大なる局面を迎えているという手紙nお内容を見る限り、かなり緊迫した状態なのは間違いなさそうです。





<関連記事>

【山口組分裂騒動】ついに新組織が発足 山健組の井上邦雄組長(67)がトップに就任 住吉会幹部も訪問

【山口組分裂騒動】ついに新組織が発足 山健組の井上邦雄組長(67)がトップに就任 住吉会幹部も訪問

山口組「分裂」 絶縁・破門の組長ら、「神戸山口組」立ち上げか

2015/09/07 12:37



指定暴力団「山口組」の分裂で、絶縁・破門とされた組長らが、新組織「神戸山口組」を立ち上げたとみられることがわかった。

「六代目山口組」は、司 忍こと、篠田建市組長の出身母体「弘道会」を中心とするグループに対し、兵庫・神戸市の「山健組」を中心とするグループが反発し、絶縁や破門の処分を受け、分裂した。

5日、処分を受けた組長ら14人が、「山健組」の関連施設に集まり、会合を開いた。

警察によると、新組織「神戸山口組」を結成したとみられ、トップには、「山健組」の井上邦雄組長が就任したとの情報があるという。
警察は、暴力団対策法に基づく指定に向けた組織の実態把握とともに、抗争を防ぐため、警戒を強めている。 (関西テレビ)


参照元 : FNNニュース






山口組分裂:新組織が発足 トップは山健組長

2015年09月06日 19時40分



◇当面は俠友会の事務所を本拠か 名称は「神戸山口組」か

指定暴力団山口組(総本部・神戸市灘区)の最大の2次団体だった山健組(同市中央区)などの直系組長13人が、新組織を結成したことが捜査関係者への取材で分かった。山健組の井上邦雄組長(67)が組長に就任し、「神戸山口組」を名乗るとみられる。

構成員は数千人に上る可能性があり、国内最大の暴力団は本格的に分裂した。警察当局は抗争事件への警戒を強化するとともに、暴力団対策法に基づく指定に向けて新組織の実態把握を進める。

捜査関係者によると、新組織は山健組の傘下組織一つを含む計14団体で構成。他に離脱した宅見組(大阪市中央区)の入江禎組長(70)が副組長、俠友会(兵庫県淡路市)の寺岡修会長(66)が若頭を務めるという。当面は俠友会の事務所を本拠にするとみられる。5日に山健組の関連施設で開かれた会合は初の定例会とみられ、会合場所には指定暴力団住吉会(東京都港区)の幹部も訪れた。

山口組全体の構成員は昨年末時点で約1万人。14団体は近畿を中心に岡山、福井、熊本など広範囲に点在し、合計すると3000人規模になる。ただ、執行部側が離脱派を翻意させる「切り崩し工作」も続いているといい、新組織の勢力は流動的だ。

分裂の背景には、山口組の篠田建市(通称・司忍)6代目組長やナンバー2である若頭の出身母体「弘道会」(名古屋市中村区)との対立があったとみられる。弘道会系幹部の重用や、直系組長らに課される上納金の高額化に不満が高まっていたとされる。執行部側が総本部を名古屋に移そうとしたとの情報もあるが、捜査関係者は「暴力団排除条例などで、受け皿となる建物を新たに作ることは難しい」と否定的だ。

捜査幹部は「新組織は山口組の発祥地である神戸の名を冠して正統性を主張したいのだろう。分裂の決定的な理由は今後、詳細な分析が必要だ」と話す。

参照元 : 毎日新聞


ついに新組織発足か 離脱13団体、トップに山健組組長

2015.9.6 07:00



国内最大の指定暴力団山口組(総本部・神戸市灘区)の分裂問題で、山口組から離脱した組長らが新組織を発足させたとみられることが5日、捜査関係者への取材で分かった。

離脱した13団体の組長ら全員が関わっているといい、傘下組織まですべて加われば構成員は約3千人。警察当局は新組織の動向を監視し実態解明を急ぐ。一方、13団体離脱後の山口組の構成員は約7千人で、抗争の発生も懸念される。

今年で結成100年となった山口組は大きな岐路を迎えた。 捜査関係者によると、新組織に加わったとみられるのは、渡辺芳則・5代目組長(故人)の出身母体である山健組(神戸市中央区)や宅見組(大阪市中央区)、侠友会(兵庫県淡路市)など大阪、兵庫、福井、岡山、京都、熊本各府県の13団体の組長ら。

このうち、構成員約2千人を抱え、最大勢力の山健組の井上邦雄組長が新組織の組長に、かつて山口組ナンバー3だった宅見組の入江禎(ただし)組長がナンバー2の役職にそれぞれ就く人事も決まったとされる。新名称として「神戸山口組」を名乗るとみられる。

山健組の事務所近くのビルで5日に開かれた会合は、新組織発足後初の「定例会」だったとみられる。会合には、山口組を離脱した組長らのほか、国内2番目の指定暴力団住吉会(総本部・東京都港区)幹部も出席。捜査関係者によると、新組織結成の協議に際して「立会人」などの立場で出席したとみられている。

参照元 : 産経新聞


山口組離脱:「山健組」事務所に住吉会幹部も訪問

2015年09月05日 23時13分

指定暴力団山口組(総本部・神戸市灘区)から離脱した直系組長らが5日、最大の2次団体だった「山健組」の事務所(神戸市中央区)に集結した会合に、東京を拠点に山口組に次ぐ構成員を持つ指定暴力団住吉会の幹部も訪れていたことが捜査関係者への取材で分かった。

警察当局は理由や経緯について情報収集を進めている。 複数の捜査関係者によると、5日午前、山口組から離脱した直系組長らが参集。10人前後が新組織発足に向けた話し合いをしたとみられる。

訪問した住吉会の幹部は以前から山健組の井上邦雄組長と関係が深かったという。警察庁の調べでは、住吉会の構成員は昨年末時点で、18都道府県に約3400人。

参照元 : 毎日新聞



司忍氏(弘道会)側はどうなるのか?抗争に発展しなければいいが・・・







2015年9月6日日曜日

山口組から離脱した山健組の事務所に離脱した複数の組長ら集まる

山健組に離脱組織の幹部ら集まる、新組織発足に向け協議か

2015.9.5 11:52



国内最大の指定暴力団山口組(総本部・神戸市灘区)の分裂問題で、山口組から離脱した山健組の事務所(同市中央区)に5日、同様に離脱した複数の組長らが集まった。新組織発足に向けた会合とみられ、初の「定例会」を開いたとの情報もある。兵庫県警の捜査員らは周辺の警戒にあたるとともに、出席者らの確認作業を進めた。

事務所にはこの日、「神戸」「大阪」「京都」「福井」などのナンバープレートの車が入った。4日にも山健組の幹部らによる会合が開かれている。

山口組から離脱した山健組など13団体の組長らは8月、山口組側から絶縁・破門処分を受けた。山健組などの4組長は、これまでに山口組からの離脱や新組織設立の意向などを警察当局に伝達し、「神戸山口組」と名乗ることも伝えたとされる。

新組織は、山口組5代目組長(故人)の出身母体で、山口組内でも最大だった約2千人の構成員を抱える山健組が中核になるとみられるが、新組織の規模は明確になっていない。

参照元 : 産経新聞







企業の暴力団相談が倍増 専門家「山口組分裂でアプローチ増える恐れ」

2015.9.5 09:07

企業から各地の暴力追放運動推進(暴追)センターや警察に寄せられた暴力団関係の相談が2010年から14年にかけて倍増したことが5日、全国暴追センターへの取材で分かった。専門家は「暴力団排除条例の影響で、企業の意識が高まったことが背景にある」と分析している。

国内最大の指定暴力団山口組の分裂問題に注目が集まる中、反社会的勢力との関係を断ち切る企業の動きが今後も強まることが予想される。

同センターによると、取引先が反社会的勢力かどうかを確認する相談が多く、10年に2万147件だった相談件数は、14年は4万183件と約2倍に。職種別でみると、金融や建設、不動産関連企業からの相談が目立つ。このほか、金品を不当に要求されたと訴えるケースもある。

福岡県で10年に暴排条例が施行され、11年秋までに全都道府県で同様の条例が施行。13年にはみずほ銀行が系列信販会社を通じた暴力団関係者らへの融資を放置していた問題が発覚した。ある金融関係者は「企業に向けられる目は以前より厳しくなった」と打ち明ける。

こうした流れを受け、企業も対策強化に取り組む。企業の危機管理を手掛けるコンサルティング会社「エス・ピー・ネットワーク」の芳賀恒人主席研究員によると、取引先の関連会社や委託先までたどり、反社会的勢力との関係の有無を徹底的に調べる会社もある。

芳賀氏は「山口組の分裂問題の影響で、資金獲得のため企業へのアプローチが増える恐れがある」と指摘。「社内教育に力を入れるなど、対策の質を磨く必要がある」と話している。

参照元 : 産経新聞



弘道会は山口組の総本部を名古屋に移すのだろうか?