2018年1月21日日曜日

ヤミ金融を営んでいた疑いで、指定暴力団・6代目山口組総本部を家宅捜索

山口組総本部を捜索  ヤミ金融の疑い

2018/1/20(土) 18:23配信



ヤミ金融を営んでいた疑いで、警察は指定暴力団・6代目山口組総本部を家宅捜索しました。

捜索は、午前11時からおよそ60人体制で行われました。

先月、無登録にもかかわらず会社役員に金を貸し付け法外な金利を得ていた疑いで山口組系幹部の松岡錠司容疑者(50)が逮捕されました。

警察はこれまでに松岡容疑者が300人以上から4億6000万円の利息を得たとみていて、今回の捜索で不正に得た資金の流れなどを調べる方針です。

 参照元 : 関西テレビ








AV男優を恐喝した容疑で、関東連合の元幹部・松嶋クロスこと松嶋重容疑者(39)ら3人逮捕

AV男優への恐喝未遂容疑、関東連合の元幹部ら逮捕

2018/1/20(土) 12:38配信



暴走族グループ、関東連合の元幹部ら3人がアダルトビデオの男優から現金を脅し取ろうとしたとして警視庁に逮捕されました。

逮捕されたのは、関東連合の元幹部で元AV監督の松嶋クロスこと松嶋重容疑者(39)、ストリップ劇場の社長、松本和彦容疑者(49)ら3人です。

3人はおととし2月、東京・台東区にある「浅草ロック座」の応接室などで、AV男優の38歳の男性に対し「業界で仕事をできないようにする」などと5回にわたって脅し、現金200万円を脅し取ろうとした疑いが持たれています。

3人は男性と仕事仲間で、「男性の後輩がAV女優と交際し、業界のルールを破った」などとして因縁をつけていたということです。

松嶋容疑者は黙秘し、松本容疑者は「脅したつもりはない」と容疑を否認しています。

参照元 : TBSニュース














男優を恐喝未遂容疑=元AV監督ら3人逮捕―警視庁

2018/1/20(土) 12:43配信

アダルトビデオ(AV)の男優から現金を脅し取ろうとしたとして、警視庁組織犯罪対策特別捜査隊は20日までに、恐喝未遂容疑で、元関東連合幹部松嶋重容疑者(39)=東京都中野区本町=ら3人を逮捕した。

松嶋容疑者は「答えることはない」と黙秘しているという。同容疑者は「松嶋クロス」の名前でAV監督として活動していた。

逮捕容疑は2016年2月、東京都台東区にあるストリップ劇場「浅草ロック座」の応接室などで5回にわたり、男優(38)に対し、後輩の男性がAV女優と交際し業界のルールを破ったと因縁をつけ、現金200万円を脅し取ろうとした疑い。

同隊によると、男優が同月末ごろ警視庁に相談し、未遂に終わった。

参照元 : 時事通信







2018年1月20日土曜日

暴力団事務所の柱に隠した拳銃を警察犬が発見 指定暴力団稲川会系幹部を逮捕

警察犬がお手柄 柱の中から拳銃を発見 組員を逮捕

2018/1/20(土) 7:06配信



事務所に拳銃を隠し持っていたとして、暴力団の幹部の男が逮捕されました。組長の席の後ろで警察犬がほえ、拳銃が見つかったということです。

指定暴力団稲川会系幹部の増山安朗容疑者(53)は、横浜市中区の組事務所に拳銃1丁を隠し持っていた疑いが持たれています。

警視庁によりますと、違法薬物事件の捜査で事務所を捜索した際、組長の席の後ろにある柱の近くで薬物と銃器の捜索を専門とするハイブリッド犬と呼ばれる警察犬がほえました。

このため、捜査員が柱を調べたところ、中に空洞があって拳銃が隠されていました。増山容疑者は「全く知らない」と容疑を否認しています。

参照元 : テレ朝ニュース









2018年1月19日金曜日

家の前の土をスプーンで掘って穴の中に拳銃を隠し持っていたとして、元指定暴力団住吉会系組員ら逮捕

スプーンで掘った穴に拳銃を… 元組員の男ら逮捕

2018/1/18(木) 23:34配信

家の前の土をスプーンで掘って穴の中に拳銃を隠し持っていたとして、元暴力団組員の男らが逮捕されました。

元指定暴力団住吉会系組員の高山尚容疑者と無職の矢部兼太郎容疑者は17日、川崎市幸区の矢部容疑者の自宅前の地面の土の中に拳銃1丁を隠し持っていた疑いが持たれています。警察によりますと、拳銃は「タウルス」というブラジル製のもので、高山容疑者が「俺が持っていると危ない。

預かってほしい」と知人である矢部容疑者の自宅前の地面の土にスプーンで穴を掘って埋めたということです。17日に矢部容疑者が警察署に拳銃を持って出頭し、事件が発覚しました。取り調べに対して2人は容疑を認めていて、警察は拳銃の入手ルートなどを詳しく調べています。

参照元 : テレ朝ニュース




















拳銃を穴に埋め隠し持った疑い 2人逮捕 神奈川

2018.1.19 07:05



拳銃を所持していたとして、神奈川県警薬物銃器対策課は18日、銃刀法違反(拳銃所持)容疑で、いずれも無職の矢部兼太郎(45)=川崎市幸区小向西町=と高山尚(47)=同区古市場=の両容疑者を逮捕した。ともに容疑を認めている。

逮捕容疑は、17日ごろ、矢部容疑者の自宅アパートの玄関周辺の穴の中に回転式拳銃1丁を埋めて隠し持っていたとしている。

同課によると、17日午前2時ごろ、矢部容疑者が拳銃を持って幸署を訪れたことで事件が発覚。その際の矢部容疑者の話で高山容疑者の関与が浮上した。

県警に押収された拳銃は高山容疑者が入手したもので、平成28年11月下旬ごろから矢部容疑者に預けていたといい、同課は拳銃の入手手段など詳しい経緯を調べている。

参照元 : 産経新聞

詐欺(偽電話詐欺)と窃盗容疑で暴力団工藤会傘下組織組員の男ら2人逮捕

「3千万円払わないと豚箱入りだ」窃盗容疑で組員ら逮捕 女性だまし200万円引き出す 福岡県警

2018/1/18(木) 11:45配信

福岡県警は18日、詐欺(偽電話詐欺)と窃盗容疑で、北九州市八幡西区鷹の巣1丁目、暴力団工藤会傘下組織組員の男(32)ら男2人を逮捕した。

逮捕容疑は、平成28年4月、兵庫県相生市、自営業の女性(78)=当時=に電話し、「あなたの名前が、悪いところに上がっている」「名前を消すために3千万円払わないと、豚箱(警察署留置場)に入ることになる」「通帳とキャッシュカードを預ける必要がある」などと、うそを並べた。

この話を信じてしまった女性は、通帳とカードを渡してしまい、受け取った共犯の男がATMから現金200万円を引き出し、盗んだ疑い。

参照元 : 西日本新聞

東京・赤坂の飲食店などが、みかじめ料を脅し取られていた事件で、指定暴力団住吉会系の会長ら再逮捕

「みかじめ料」暴力団幹部ら再逮捕

2018/1/18(木) 10:54配信



東京・赤坂の飲食店などが、みかじめ料を脅し取られていた事件で、暴力団幹部らが再逮捕された。

指定暴力団住吉会系の会長・松戸泰憲容疑者(54)ら12人は、2013年からの5年間に、赤坂の飲食店経営者らに対して、45回にわたり、「赤坂を仕切っている暴力団に断りなく、路上でキャッチすることは許されない」などと言って、みかじめ料として、あわせて147万円を脅し取った疑いが持たれている。

また、店から金を徴収する実行役だったとされる、組員の嶋田 稔容疑者(49)らが、新たに逮捕された。 警視庁は、ほかにも被害に遭った店があるとみて調べている。

参照元 : FNNニュース









インサイダー情報を元にして巨額の富を得る秘密の投資クラブ「ヤクザマネーが株でボロ儲けの実態」

ヤクザマネーが株でボロ儲けの実態、その狡猾な手口とは

2018.1.17



小泉政権時代、「仕手筋」が一斉に摘発されるなど、徹底した“市場浄化”が行われ、怪しいマネーは一掃された。はずだった。しかし、今なお市場には、規制や監視の目をかいくぐったヤクザマネーがしっかりと根を張り、巨額の富を得ている。DOL特集「地下経済の深淵」4回目は、株式市場でぼろ儲けするヤクザマネーの現実をお伝えする。(ダイヤモンド・オンライン編集部「地下経済問題取材班」)

インサイダー情報を元にして巨額の富を得る秘密の投資クラブ

昨年末、都内のある超高層マンションの一室には、10人程度の男たちが集まっていた。その部屋には所狭しとパソコンのモニターが並べられ、さながら金融機関のディーリングルームのよう。表示されたさまざまなチャートを見ながら、男たちは熱い議論を戦わせていた。

「どうやら来週、あの会社が第三者割当増資を実施するらしい。10本くらい調達すると言っている」

「あそこは、業績の下方修正をやると言っている。資金繰りも厳しいからねぇ。経営陣は、会社を手仕舞いする方向で検討しているらしい」

「また、あの会社、ありもしない案件を発表する。ほんと、何回、同じようなことをするんだろうねぇ。まあ、株価は上がるからいいけどさ」

彼らが、一堂に会して行なっていたのは、さまざまな企業に関する情報交換だ。内容は、業績を始め、事業計画に人事情報、資金繰りや資金調達に至るまで実に幅広い。対象も、東証一部から新興市場至るまで上場企業全般だ。

これだけであれば、投資家たちの情報交換の場に過ぎないが、実は少々趣が異なる。というのも、彼らの情報は全て、企業側が発表する前の"インサイダー情報"だからだ。

昨年末、都内のある超高層マンションの一室には、10人程度の男たちが集まっていた。その部屋には所狭しとパソコンのモニターが並べられ、さながら金融機関のディーリングルームのよう。表示されたさまざまなチャートを見ながら、男たちは熱い議論を戦わせていた。

「どうやら来週、あの会社が第三者割当増資を実施するらしい。10本くらい調達すると言っている」

「あそこは、業績の下方修正をやると言っている。資金繰りも厳しいからねぇ。経営陣は、会社を手仕舞いする方向で検討しているらしい」

「また、あの会社、ありもしない案件を発表する。ほんと、何回、同じようなことをするんだろうねぇ。まあ、株価は上がるからいいけどさ」

彼らが、一堂に会して行なっていたのは、さまざまな企業に関する情報交換だ。内容は、業績を始め、事業計画に人事情報、資金繰りや資金調達に至るまで実に幅広い。対象も、東証一部から新興市場至るまで上場企業全般だ。

これだけであれば、投資家たちの情報交換の場に過ぎないが、実は少々趣が異なる。というのも、彼らの情報は全て、企業側が発表する前の"インサイダー情報"だからだ。

詳細は書けないが、この集まりは、秘密の“投資クラブ”。インサイダー情報を元に巨額の資金を使って株を売買し、数億円規模の儲けをたやすく手にしているグループなのだ。

例えば、昨年のある日のこと。新興市場に上場しているIT系企業が、「近々、最先端の技術を持つ企業との提携を発表する」との情報が、メンバーの1人の元に持ち込まれた。この企業は、提携によって、新たな市場への参入を図るのが狙いだという。

この情報は、すぐさまSNSのグループチャットを使ってメンバー間で共有され、 “緊急招集”がかけられた。

作戦会議の場では、概略の説明がなされた後、「近々、当局が制度改正を行うらしい」との新たな情報ももたらされた。そこで、当局の動きが表沙汰になるまでの間、メンバー間で手分けして密かに株を買い集め、一気に勝負をかけることが決定した。

その結果、株価は一気に値を上げる。途中、一般投資家のいわゆる“提灯買い”も誘って、買い気配のまま値が付かない日が続き、わずか数日間で6割あまりも上昇。その間にメンバーたちは、さっさと持ち株を売り払って大きな儲けを手にしたという。

元経済ヤクザをリーダーにメンバーの顔触れは多種多様

また、別の日には、やはり新興市場に上場している企業が、市場が閉まった後の午後3時過ぎに、実際には開発していない商品の開発に「成功した」という“虚偽”の発表を行って株価を引き上げ、資金調達しようとしているとの情報が入る。

そこで、彼らはメンバー同士で手分けして一気に株を買い集め、わずか30分で株価を釣り上げる。そのタイミングで、場が閉まった後に何らかの発表が行われるとの情報が市場に伝わり、"提灯買い"もついて株価は急騰。市場が閉まる10分程度の間に一気に売りを浴びせ、彼らはこれまた大きな儲けを手に入れた。

この投資クラブでは、こうしたインサイダー情報を元にした株取引を、常に3〜4案件、同時並行的に行っているという。

証券取引等監視委員会を始めとする当局の目をかいくぐり、“インサイダー情報”を元にして大もうけしている投資クラブのメンバーは、一体どういう人物たちなのか。

リーダーを務めているのは、今は足を洗っているものの、かつては大手暴力団の幹部を務めていた男。いわゆる「経済ヤクザ」だ。そうした裏社会に通じる数人の他に、かつて証券会社に勤めていた人物や、デイトレーダーを始めとする個人投資家が数人、そして普通の会社員に至るまで顔触れはさまざまだ。

「最も大事なのは秘密を守れるか否か。だから、いくら金を持っている人物でも闇雲には誘わない。かなり長い付き合いをした結果、信頼できる人物であるかどうかしっかりと見極めた上で仲間に入れている」(リーダー格の元暴力団幹部)

だから、年齢や職業、職種などもばらばらで、メンバー間に何のつながりも見出せない。だが、これは「もしも誰かがドジを踏んでパクられても、一網打尽にならないようにするため」(同)でもあるという。つまり、リスクヘッジするために、あえて関連性のないメンバーなっているわけだ。

学生時代から育てた会計士や弁護士が"ネタ元"

では、彼らは、どこからインサイダー情報を手に入れているのか。

われわれ取材班は、元経済ヤクザが中心となっていることもあって、彼らが現役の暴力団員や総会屋などと手を組み、企業や企業の幹部たちを脅すなどして情報を盗み出しているのだろうと考えていた。

ところが、リーダーの口から出てきた答えは、意外なものだった。

「確かに以前はそういったことをやっていたこともあるし、いまだに古いヤクザたちの中には脅して情報を取っている輩も少なくない。しかし、今は証取や警察などの目が厳しいし効率も悪いから、もっと確実な"ネタ元"から情報を取っている」

こう語るリーダーが“ネタ元”として挙げたのが、なんと会計士、弁護士、税理士だった。

「会計士や弁護士を脅しているのかって?違う、そんなことはしていない。俺たちは彼らを育てているのさ」(同)

弁護士や会計士になるための試験は難しく、ストレートで合格するのは容易ではない。そこで、合格するまでの学費や生活費を提供するなど、一切の面倒をみてやっているというのだ。

それだけではない。司法制度改革や公認会計士制度改革などにより、弁護士や会計士の人数は急増、仕事にありつけない人たちも少なくない。そうした人たちの“就職先”の面倒もみてやる代わりに、情報を提供させているのだとリーダーは明かす。

こうしたネタ元たちは、財務情報や人事情報、事業に関する情報といった企業の"機密情報"に、発表する前の段階で触れることができる。つまり、とっておきの情報を誰よりも早く手にすることができる彼らを、学生という“種”の段階から育て上げ、資格に合格させて “花”にし、そして最終的に情報という“果実”をゲットしているというわけだ。

「確かに、育てるまでに時間とカネはかかるが、得られる鮮度のいい果実を考えれば安いもの。リターンは数倍どころか数十倍になって返ってくるんだから。そうしたネタ元のネットワークを構築しているのだ」とリーダーは笑う。

苦境の企業が資金調達の際に頼る“ヤクザマネー”

とはいえ、ここまではインサイダー情報を元にしているという点を除けば、市場における取引という“正当”な手段によって利益を得ているもの。そうではなく、企業に直接“ヤクザマネー”が入っているケースも少なくない。

東京証券取引所第二部に上場していた、岐阜県に本社を構える郷鉄工所。破砕機などの機械装置を製造販売していた企業で、中部地方では名門と呼ばれていたが、昨年9月に経営破綻して上場廃止となり、11月に破産してしまった企業だ。

詳細は省くが、破綻に至る経緯の中で、投資コンサルタントを名乗る男が社内に入り込み、幹部とグルになって金策にまい進する。

この男は、かつて日本ファーネス工業(現NFKホールディングス)や山科精工所(現ヤマシナ)、昭和ゴム(現昭和ホールディングス)、セイクレスト(破産)、ゼクス(上場廃止)といった、聞く人が聞けば眉をひそめるような怪しい銘柄の増資にも深く関与していた人物だ。

新たな増資手法を次々に生み出していたことから「増資のプロ」と呼ばれる一方で、法の網をかいくぐるあくどい手法だったことから、市場関係者の間では「資本のハイエナ」とも呼ばれていた。ちなみにセイクレストをめぐる増資では逮捕されている。

「金融機関からも見放された上場会社に近寄っていっては、増資による資金調達を提案、新株を乱発発行させては多額の手数料や経費名目でカネを巻き上げていた。それが目的だから、資金調達が終了しても本業は再建できるわけがなく、食い尽くされておしまいという企業ばかりだった」(市場関係者)

そんな男が目を付けたのが郷鉄工所だった。しかし、それまでにさまざまな企業を散々食い散らかしてきたから増資に応じる“まともな相手”などいない。そこで、この男が頼んだのが暴力団関係者たちだった。

ある暴力団関係者は語る。

「ある日、暴力団関係者たちの間に、第三者割当増資に応じてくれる人を“募集”するペーパーが回ってきた。相手も悪いし、条件もあまりよくなかったから私は応じず、別の“業界関係者”に回した。いろんな奴らがたらい回しにした結果、最終的にはフロント企業を隠れ蓑にした連中が一部を引き受けたが、たいした儲けにならなかったと言っていた」

結局、郷鉄工所は希望していた額まで調達できなかったばかりか、本業の再建もままならず経営破綻に陥り、破産の憂き目に合ってしまう。

だが、ヤクザマネーに手を出してしまうのは郷鉄工所だけではない。ある経済ヤクザの元には、同様のペーパーが、多い月で2〜3枚は回ってくることもあるという。

「本当に苦しい企業は藁をもつかむ思いで資金調達に走っているから、“金主”が誰であろうが構っていられない。そこにヤクザが入り込む隙があるわけだ」(経済系暴力団の幹部)

1粒で三度おいしい第三者割当増資

中でも、彼らが好むのは『第三者割当増資』。相対で取引でき、最初からリターンについての詳細な条件も設定されているため、確実に儲けることができるからだ。増資のニュースが伝われば株価も上がるから、「増資分以外にも買っておけば、“一粒で二度おいしい”思いができる」(同)。

さらには、「第三者割当増資に応じる形で一度は資金を出すものの、一定期間が過ぎた段階でそのカネも回収するケースもある。企業は、とにかく一息つきたいだけなので、増資が完了したというリリースさえ出せれば応じるし、われわれにとってみれば、まさに“元本保証”で“三度”もおいしい思いができるのだからやめられない」(同)

当然、彼らもカネを出す際に、“本名”や“組織名”を使うわけではない。海外のペーパーカンパニーや、信託銀行が受託管理している信託口などを使って、誰がカネを出しているのか、追跡しても分からない形で行われる。

「日本の株式市場では、外国人投資家が半数以上を占めるなどと言われるが、ちゃんちゃらおかしい話。ペーパーカンパニーや信託口の名前が外国人ぽいだけで、その中身は俺たちみたいな表に出られない日本人だったりするのだから。もちろん、そう思われている方が助かるんだけどね」とある経済ヤクザが明かすほどだ。

だから、時に、増資した当事者さえも知らないうちに、ヤクザマネーが増資で得た資金の中に混ざっているケースもある。増資の引受先が、別の金主、つまりヤクザにカネを出してもらっていることも少なくないからだ。

現に、「昨年、第三者割当で大量に増資したジャスダックに上場している企業の一つに、そうしたヤクザマネーが入っている。本人たちはどこまで把握しているかは知らないが…」(別の暴力団幹部)という情報もある。

小泉政権時代、いわゆる「仕手筋」が一斉に摘発されるなど、徹底した“市場浄化”が行われ、怪しいマネーは一掃された。しかし、それは一時的なものであって、決してついえたわけではなかった。今なお市場には、規制や監視の目を巧妙にかいくぐりながら入り込んだヤクザマネーがしっかりと根を張り、巨額の富を得ている。

参照元 : ダイアモンドオンライン




関係者が暴露する最新「仕手筋」事情

2014年06月21日

K氏関連口座があると噂される某地場証券OBや、仕手筋とのコネクションを持つ事情通にSPA!編集部が接触! 新手のネット仕手筋らの最新手口や仕掛けている銘柄を明かす!

◆ネット仕手から旧来型の投資集団まで、最新事情を関係者が暴露!

古くから株式市場には、相場師と呼ばれるカリスマが存在し、彼らが手掛ける銘柄は「仕手株」と呼ばれ、短期投資家たちが群がった。例えば、1980年代に仕手集団「誠備グループ」を率いて、“兜町の風雲児”と呼ばれた加藤暠氏。「K氏」の名でも知られる人物だ。

「今でもたびたび名前が挙がりますが、噂では息子が後を継いでいるとか。また、加藤氏の側近が新たな仕手集団を結成し、その剛腕で相場を動かしているとの噂もありますよ」(兜町の事情通A氏)

一方、若手のデイトレーダーたちがLINEやチャットでリアルタイムに情報交換し、ネット関連銘柄の爆騰を演出しているとの情報もある。これが「ネット仕手筋」と呼ばれる新しい仕手集団の姿だ。

「5月に早稲田大学の投資サークルOBが相場操縦容疑で証券取引等監視委員会から強制調査を受けたというニュースがありました。彼らもいわゆるネット仕手筋の一員だったのでしょう」(同)



早稲田大学の投資サークルOBは’09年にも株価操作の疑いで逮捕・起訴され、有罪判決が確定している。当時は六本木ヒルズの一室を拠点に活動。メンバーの一人が「ヒルズにいると、住民にしか入ってこない株の情報がある」と話していたことなども話題になった。

短期間で2倍は当たり前、なかには10倍に化ける銘柄もあるため、個人投資家には仕手株好きが多い。直近では、日本通信とディー・ディー・エスがネット仕手筋のツートップ銘柄と言われている。日本通信は今年3月の株価150円台から、6月には747円まで買い上げられた。ディー・ディー・エスにいたっては、2月の201円から1545円まで急騰している。

これだけ聞くと、旗振り役の仕手筋がどれだけ相場で稼いでいるかが気になるところだが、相場の酸いも甘いも噛み分けてきた百戦錬磨の仕手筋でも、意外と苦戦しているグループがいるという。

◆仕手筋が行う買いと売りの手口とは?

「リーマン・ショック前までブイブイ言わせていた飲食業を営む仕手筋は、約200億円あった資金をすべて相場で失ってしまったようです。また、すでに亡くなってしまいましたが、某大物相場師はヤクザや宗教団体の資金を焦げ付かせ、一時、姿を消していました」(A氏)

特定銘柄の株価を動かす仕手グループは動かす金額が大きいだけに、証券会社にとっては上客だ。ただ、時として不正売買に手を染めかねないだけに、監視は怠れないという。K氏親族の口座があった証券会社に勤務していたB氏は、「信用取引を使う大口顧客はすべてが該当しますが、特にK氏周辺の口座は毎日ポジションを必ずチェックしていました。毎日ウオッチしていると、彼らの手口が見えてくる」と明かす。

「信用取引も現物取引も併用していました。株価が上昇したときには信用取引の買い建てを手仕舞って売りをぶつける『ふるい落とし』を多用していましたね」

個人投資家らのちょうちん買いがついて株価が上がると、利益確定の売りが出やすくなって上昇の勢いが弱まってしまう。そこで、いったん売りを誘って、意図的に急落させるのだ。すると、売り圧力が少なくなり、再び急騰をつくりやすくなる。

「この間、現物株は保有を続け、折を見て再び信用買いを積み上げていく手法をとっていました。ただ、こうした大口投資家は複数の証券会社を通じて売買を繰り返していると思うので、自社口座のポジションだけでは、全体像は掴めなかったですね」(B氏)

旧来型の仕手筋も新手のネット仕手筋も、急騰と急落を繰り返しながら株価を吊り上げ、売り抜けを狙うという手口は共通している。

「商いが少ない銘柄の仕込みには出来高や株価に変化が出ないように、半年から1年近くの時間をかけていました。数字とチャートを見ても全然わからないように仕込むんです」(同)

また、A氏も仕手集団から直接情報が入るとき、「一度に大量には買わないように」と言われることもあるという。理由は、目立たせたくないからだ。

「仕手筋がまだ仕込んでいる最中に出来高が増えて目立ってしまうと、個人投資家らのちょうちんがついて、株価が上がり始めてしまう。流動性が少なく低位な株だと『一日で100万円まで』など、具体的に指示されることもありました」(A氏)

【A氏】
仕手筋関係者との交流もあると噂される人物。兜町の裏事情に精通している

【B氏】
K氏親族の口座がある某地場証券にかつて勤務。口座を毎日チェックしていた

参照元 : 日刊SPA




『仕手筋が狙っていると噂の銘柄』に続く

2014年06月21日

K氏関連口座があると噂される某地場証券OBや、仕手筋とのコネクションを持つ事情通にSPA!編集部が接触! 新手のネット仕手筋らの最新手口や仕掛けている銘柄を明かす!



◆仕手筋が狙う銘柄の特徴とは?

彼ら仕手筋は、どうやって銘柄を選定しているのか?

「基本的には時価総額が小さくて、流動性が少ない銘柄。それをコツコツ仕込むのが仕手筋のやり方ですね」(兜町の事情通A氏)

その後、自らの資金で買い上がり、急騰と出来高急増を演出することもある。K氏(“兜町の風雲児”と呼ばれた加藤暠氏)関連の口座をウオッチしていたB氏(K氏親族の口座があった証券会社に勤務)は、仕手筋の銘柄選定法をこう明かす。

「かつては一目均衡表などで上昇トレンドをつくるかのような株価操作が多くありましたが、今ではチャート派は廃れて久しい。ただ、ヘッジファンドなどの高速売買の介在しない小型銘柄のうち、赤字から復配に向かいそうな銘柄が好んでターゲットにされる傾向がありますね」

以下は「仕手筋の手が入っている」とA氏が入手している銘柄の一部だ。仕手筋は個人投資家のちょうちん買いで急騰したところで売り抜けを狙っている。一攫千金を狙うなら、「飛び乗り&飛び降り」で、逆に仕手筋を食い物にしたいところだ。

<仕手筋の噂がある株の一部>

●日本通信
【JQ・9424】/売買単位100株
株価 698円⇒目標株価 1000円

スマホ向けに割安料金で通信サービスを提供するMVNO(仮想移動体通信業者)は大きなテーマとして注目を集める。ネット仕手筋が短期売買を繰り返し、利ざやを稼いでいるという

●ディー・ディー・エス
【東マ・3782】/売買単位100株
株価 1150円⇒目標株価 2000円

指紋認証ソフトや装置の開発会社。ネット仕手筋が狙うツートップの一角。5月の1545円を高値に調整に入ったが、再びリバウンド態勢に入る。マザーズ銘柄で値動きが激しいのが特徴

●戸田工業
【東1・4100】/売買単位1000株
株価 274円⇒目標株価 350円

酸化鉄やトナー原料が柱。昔ながらの仕手筋が手掛けているとか。足元の業績はイマイチだが、株価は確かに上昇傾向。ここからの戻り売りを呑み込む資金力があるのかお手並み拝見だ

●多摩川HD
【JQ・6838】/売買単位1000株
株価 346円⇒目標株価 500円

太陽光などエネルギー事業を材料に投機的な買いが入っている。増資の払い込みが流れたことで急落したが、仕手筋側近によると「まったく心配ない。ここから買い上げていく」とのこと

●小僧寿し
【JQ・9973】/売買単位100株
株価159円⇒目標株価200円

持ち帰り寿しの小僧寿しを展開。一時は201円まで買われたが、その後は利益確定に押され、値を溶かした。某仕手筋によると、「再び仕掛け直したい」とのこと。短期投資と割り切りたい

●日本アセットマーケティング
【東マ・8922】/売買単位100株
株価144円⇒目標株価200円

不動産管理を手掛けるドン・キホーテ傘下の企業。ここ最近、ネット仕手筋が介入しているとの噂がある。業績も念願の赤字脱却へ。まずは、昨年高値の187円を奪回し、勢いをつけたい

【A氏】
仕手筋関係者との交流もあると噂される人物。兜町の裏事情に精通している

【B氏】
K氏親族の口座がある某地場証券にかつて勤務。口座を毎日チェックしていた

※株価は6月3日の終値

参照元 : 日刊SPA