2017年4月24日月曜日

暴対法と暴俳条例の影響で暴力団員の数が過去最少に

暴力団員、過去最少 静岡県内、ピークから6割減

2017/4/24(月) 7:25配信



静岡県内の2016年末時点の暴力団員(構成員、準構成員)は1270人(概数)で、1969年に統計を取り始めて以降、過去最少を記録したことが県警のまとめで分かった。ピークだった70年(3100人)の約4割。県警は「暴力団排除活動が社会全体に広がり、活動しにくくなっているのが要因」とみている。一方、暴力団の資金獲得の動きが潜在化し、指定暴力団山口組の分裂抗争に伴う活動も一部で活発化していることから、引き続き警戒を強化している。

県警組織犯罪対策課によると、2016年末時点の県内の暴力団構成員は700人(前年比90人減)、組に所属しないものの外部から組織の活動に関わる準構成員は570人(30人増)。暴力団対策法(暴対法)が施行された1992年当時と比べ約4割減少した。

県内の組別勢力は、2次団体が6組織ある山口組が865人で最多。稲川会が255人で続き、山口組と抗争状態にある神戸山口組は60人だった。

暴排条例の施行などで活動が制限される中、暴力団の資金獲得活動は潜在化し、近年は振り込め詐欺や貧困ビジネスなどに広がりを見せている。

県警は振り込み詐欺関連では、16年3月、指示役として稲川会大場一家組員を逮捕した。近年では、15年8月に福島県での除染に派遣した作業員を違法な建設業務に従事させたとして労働者派遣法違反の疑いで山口組系組員を逮捕している。

担当者は「密接交際者などを利用して経済活動に参入し、組員が表立って姿を見せない傾向が強まっている」と指摘する。企業が経済取引する際には、後でトラブルになることを避けるため、契約書や取引約款に「暴力団排除条項」を盛り込むよう求めている。

県公安委員会が暴対法に基づき出した指定暴力団員や関係者の不当行為に対する中止命令は16年、52件で前年の2倍に上った。県警は、今後も中止命令や不当行為の再発防止命令を積極的に活用し、被害防止を図るとしている。

参照元 : @S[アットエス] by 静岡新聞SBS

金塊取引事件多発の背景には暴力団が絡んでいる?儲けた消費税分をヤクザと業者が折半

「取引の舞台にうってつけ」金塊取引事件が多発、なぜ福岡? 背後に暴力団の売買介在も

2017/4/24(月) 9:43配信



福岡市内で金塊取引に絡む事件が相次いでいる。20日に同市・天神で約3億8400万円が奪われた事件では、会社員男性(29)が金塊の購入資金を銀行から引き出した直後に襲われた。昨年7月にもJR博多駅近くの路上で約6億円相当の金塊が警察官を装った男らに盗まれる事件が起きている。金を巡っては価格高騰に伴い海外からの密輸が急増しており、密輸の拠点とされる東南アジアから近い福岡で売買が横行している、との指摘もある。

金1グラム当たりの平均価格は、2005年が1619円だったが、16年は4396円となり約2・7倍に跳ね上がっている。

金の価格は世界共通で、多くの国は非課税だが、日本では国内に持ち込んだ場合、税関で消費税8%の納付が必要となる。例えば1億円分の金塊を国内に持ち込もうとすると、税関に申告して消費税分の800万円を支払わなくてはいけない。このため密輸品を国内で転売し、消費税分をもうけようとする犯罪グループが後を絶たない。

財務省によると、全国の税関が2015事務年度(15年7月~16年6月)に金密輸で摘発した事件は294件で、統計を取り始めた05事務年度以降、最多だ。

「地理的に近い福岡は取引の舞台としてはうってつけ」

関係者によると、金の取引は現金払いが一般的という。通常、大量の金塊を売る場合は買い取り側に現金を用意してもらうため、事前に取引日時を知らせる必要がある。高額の取引になれば複数人が関わるケースもあり、事前に取引情報が漏れるリスクは高まる。

福岡で事件が相次ぐ背景について、金塊の密輸事情に詳しい男性は「密輸ルートとして挙げられるのが香港、シンガポール、韓国。地理的に近い福岡は取引の舞台としてはうってつけだ」と話す。

格安航空会社(LCC)やフェリーなどを利用すれば、低コストで金塊を運搬できる点を挙げ、「港湾都市として発展した東南アジアの国はおしなべて税関の審査が甘い。密輸グループはこの点を悪用している」と指摘する。

グループは買い付け役、運搬役、転売先の業者を探す仲介役に分かれているといい、この男性は「密輸品をそのまま売れば足がつくので、東京などで加工した上で貴金属店に販売する。事情を知りながら購入する店は多い」と打ち明ける。

また、こうした事件には暴力団が介在するケースも多く、「過去の事件では、もうけた消費税分を暴力団と業者が折半していた」(捜査関係者)という。

別の男性は「たとえ被害に遭っても密輸品のため被害者側が警察に通報することはない。表になっているのはあくまで氷山の一角だ」と話している。

参照元 : 西日本新聞



2017年4月20日木曜日

暴力団事務所の特徴Q&A

組事務所の特徴は 監視カメラ多く塀高い Q&A

2016/4/7 07:20



Q 組事務所はどんなところにあるの。

A 繁華街に多い。ただ、暴力団対策法で組側もかつてのように暴力団のシンボル「代紋」を掲げることができないため、一般の建物と見分けがつきにくくなっている。

Q 区別のポイントは。

A 一般論でいうと、組事務所は監視カメラが不自然に多く、窓ガラスが板などで覆われている。塀が高く、有刺鉄線が張られていることもある。

Q 目立たない場所にもあるの。

A 住宅街の民家を事務所として使ったり、マンションに別宅を設けたりする暴力団もある。3月には神戸市須磨区の住宅街にある組事務所が荒らされた。近隣の住民に聞くと、「暴力団事務所とは知らなかった」と話していた。

Q 危険から身を守るには。

A 県警は組関連施設の周辺でパトカーによる巡回を増やし、一部は24時間体制で警戒している。近くの学校や自治会には個別に情報も提供している。そうした情報をよく聞き、安易に近づかないことが何よりの対策だ。

Q ほかに注意点は。

A これまでに組関連施設周辺で起きた事件は夜間から未明の発生が多い。日没後は特に注意してほしい。

参照元 : 神戸新聞NEXT


全国指定暴力団 本部事務所 一覧

1 六代目山口組
兵庫県神戸市

2 稲川会
東京都港区六本木

3 住吉会
東京都港区赤坂

4 五代目工藤會
福岡県北九州市小倉北区

5 七代目会津小鉄会
京都府京都市下京区

6 五代目共政会
広島県広島市南区

7 七代目合田一家
山口県下関市竹崎町

8 四代目小桜一家
鹿児島県鹿児島市甲突町

9 五代目浅野組
岡山県笠岡市笠岡

10 道仁会
福岡県久留米市京町

11 二代目親和会
香川県高松市塩上町

12 双愛会
千葉県市原市潤井戸

13 三代目侠道会
広島県尾道市山波町

14 太州会
福岡県田川市弓削田

15 九代目酒梅組
大阪府大阪市西成区太子

16 極東会
東京都豊島区西池袋

17 東組
大阪府大阪市西成区山王

18 松葉会
東京都台東区西浅草

19 三代目福博会
福岡県福岡市博多区千代

20 旭琉會
沖縄県沖縄市上地

21 浪川会
福岡県大牟田市上官町

22 神戸山口組
兵庫県淡路市志筑


虚偽の建設業許可申請を行ったとして、建設業法違反容疑で、指定暴力団「会津小鉄会」系組員ら3人逮捕

虚偽申請で建設業、会津小鉄会系組員ら逮捕

2017/4/19(水) 9:02配信

虚偽の建設業許可の申請を行ったとして、京都府警は18日、建設業法違反容疑で、指定暴力団会津小鉄会系組員、山田英志容疑者(48)=宇治市六地蔵奈良町=を再逮捕し、京都市山科区椥辻西潰、建設作業員、中本貴久容疑者(38)ら3人を逮捕した。

山田容疑者は、暴力団幹部の収監を免れさせるために検察に病状の虚偽報告をしたとして虚偽診断書作成・同行使容疑で逮捕されていたが、同日、処分保留で釈放されていた。

山田容疑者の再逮捕容疑は平成28年3月下旬、勤務実体のない中本容疑者ら2人を代表取締役などとする法人の虚偽の建設業許可を府に申請し、不正に建設業許可を受けたとしている。山田容疑者は認否を留保しているという。

府警組織犯罪対策2課によると、建設会社は山田容疑者が実質的に経営していた。府警は暴力団の資金源になっていた可能性があるとみて捜査している。

参照元 : 産経新聞


山田英志容疑者は2017年2月にも暴力団組員であることを隠してローンを組んで約500万円を詐取したとして詐欺罪で逮捕されており、今回の事件で再逮捕となった。

身分偽りローン500万円 容疑で会津小鉄傘下幹部ら逮捕、2人を指名手配

2017.2.4 09:48

暴力団組員であることを隠してローンを組んで約500万円を詐取したとして、府警は3日、詐欺容疑で、指定暴力団会津小鉄会系組員、山田英志容疑者(48)=宇治市六地蔵奈良町=ら2人を逮捕したと発表した。府警は認否を明らかにしていない。

2人の逮捕容疑は昨年1月、組員であることを隠した上、収入があると装い、乗用車の購入名目で信販会社とローン契約を結び、自動車販売会社の口座に約500万円を振り込ませてだまし取ったとしている。

府警は、同容疑で同会系元組長、臼井昭夫容疑者(74)=京都市伏見区醍醐下山口町=ら2人を全国に指名手配した。当時、臼井容疑者は同会顧問を務めていたが、昨秋に引退したとみられる。

参照元 : 産経新聞

【図解】会津小鉄会のクーデターに山口組と神戸山口組の影

やはり、山口組くらいの大きな組が分裂すると、それに伴い他の組織にも大きな影響を及ぼすことになります。今回も老舗の会津小鉄会という京都を拠点とする組織がその影響を受けることになりました。これからどのような展開になっていくのでしょうか。絶縁処分となった原田昇元若頭は、六代目山口組の傘下に入るのかもしれませんね。


ヤクザの身分隠してレンタカー1台借りた疑い 神戸山口組の直参団体「西脇組」組長ら3人逮捕

神戸山口組の直参組長を逮捕 身分隠し車レンタル疑い

2017/4/19(水) 12:01配信

兵庫県警暴力団対策課と明石署などは19日、詐欺容疑で、指定暴力団神戸山口組(本拠地・淡路市)の直系団体「西脇組」組長ら3人を逮捕した。

ほかに逮捕されたのは、同市西区と明石市のいずれも無職の男2人。

3人の逮捕容疑は、共謀して2015年8月2~4日、約款で暴力団員やその関係者への貸し出しを拒絶している鹿児島県霧島市のレンタカー店で、組長の身分を隠して乗用車1台を借りた疑い。組長は黙秘し、男2人は容疑を否認しているという。

参照元 : 神戸新聞NEXT


暴対法や暴俳条例により、ヤクザにとっては住みにくい、生活していくうえで大変困難な社会になっている。

暴力団に所属しているだけでレンタカーさえも借りれない。当然、自分名義で車も所有できない、賃貸マンション、アパートも借りれない。

銀行口座も作れない、携帯電話も契約出来ない。つまり不自由な生活が嫌なら堅気になれということ。過去には回収日ではない日に、無関係のマンションのごみ置き場に空き缶や空きペットボトルを捨てたとして組員が逮捕されている。

ごみ出しルール違反?で組員逮捕

2016/6/4 23:14

回収日ではない日に、無関係のマンションのごみ置き場に空き缶や空きペットボトルを捨てたとして、兵庫県警須磨署は4日、神戸市須磨区の指定暴力団神戸山口組系組員の男(42)を廃棄物処理法違反容疑で逮捕した。

逮捕容疑は、5月18日午後9時半ごろ、「缶・びん・ペットボトル」の回収日の1週間前であるにもかかわらず、同区内のマンションごみ置き場に空きペットボトルや空き缶の入った市指定袋10袋(総重量11・7キロ)を捨てた疑い。

同署によると、容疑を認めており、「所定のごみステーションには分別に厳しい女性がいて、きちんと分別しないと出せなかった」と供述しているという。男は組事務所に住み、ごみ出しの担当だったという。

参照元 : 神戸新聞NEXT

これが一般市民なら逮捕までされなかったかもしれない。ヤクザというだけで一般市民より罪が重くなるのである。

2017年4月19日水曜日

ラオスの麻薬王がタイの裁判所に出廷!麻薬密輸容疑を否認

ラオスの「麻薬王」、タイの裁判所に出廷 密輸容疑を否認

2017/4/18(火) 20:58配信



【AFP=時事】ラオスの麻薬王とされ、タイの富豪や著名人とも密接な関係にあった男が18日、タイの首都バンコク(Bangkok)の裁判所に出廷し、両国を股に掛けた麻薬の密輸取引で主要な役割を果たしていたとする容疑を否認した。

サイサナ・キオピンパ(Xaysana Keopimpha)被告(42)は今年1月、バンコクの空港に向かう途中、タイの警察に逮捕された。タイの麻薬捜査当局は、サイサナ被告は「国際的な麻薬王」だとして麻薬密売、所持など多数の容疑で起訴した。

また当局はサイサナ被告の逮捕直前に押収した120万錠のメタンフェタミンにも、被告が関連していると主張している。サイサナ被告の弁護士によると「(同被告は)すべての罪状について否認している」という。

「黄金の三角地帯(Golden Triangle)」と呼ばれるタイ、ミャンマー、ラオス、そして中国南部の国境地帯では大量のアヘンやヘロイン、メタンフェタミンが生産され、アジアやその他地域への密輸の中心地となっている。一帯の生産量は中南米に次ぐ規模ともいわれている。【翻訳編集】 AFPBB News

参照元 : AFP=時事


タイの麻薬取締局、密売人から押収した大量の麻薬を公開

2017年02月01日 17:14



【2月1日 AFP】タイの首都バンコク(Bangkok)で1日、麻薬取締局が押収した大量の麻薬が報道陣に公開された。

今回公開されたのは、カフェインとメタンフェタミンを混ぜた、現地で「ヤバ」と呼ばれる麻薬のタブレット72万錠、同じく「アイス」と呼ばれるクリスタルメス87キロ。

タイ南部ハートヤイ(Had Yai)で先月26日、および北部ウドンタニ(Udon Thani)県で先月29日、麻薬密売人から押収された。(c)AFP

参照元 : AFP BBNEWS







2017年4月15日土曜日

元妻に「伊勢エビを買え」などと言って金を脅し取ろうとした六代目山口組系・暴力団幹部を逮捕

元妻に「伊勢エビ買え」山口組系幹部を逮捕

2017年4月13日 19:14



「伊勢エビを買え」などと言って元妻から金を脅し取ろうとしたとして、六代目山口組系の暴力団幹部の男が逮捕された。

恐喝未遂の疑いで逮捕されたのは、六代目山口組系の暴力団幹部で三重県鈴鹿市の河内大容疑者(38)。警視庁によると、河内容疑者は去年11月から12月にかけ、都内に住む元妻から金を脅し取ろうとした疑いがもたれている。

河内容疑者は元妻に電話で、「今年も年末のやつ買ってくれへんわな」と伊勢エビを買うよう求めたが、それを断られると、「金だけ貸してくれへんか」「お前ヤクザなめとんな」「ぶっ殺すぞ」などと脅したという。

調べに対し河内容疑者は容疑を認めているということで、警視庁は金を脅し取って上納金に充てるつもりだったとみて調べている。

参照元 : 日テレNEWS24