2020年2月23日日曜日

対立する指定暴力団・住吉会の事務所ビルに拳銃発砲 稲川会系組幹部の男3人逮捕

東京・新宿 指定暴力団幹部3人逮捕 拳銃発砲か

2020/2/22(土) 21:23配信



対立する指定暴力団・住吉会の事務所が入るビルに拳銃を発砲し、シャッターを壊すなどしたとして、稲川会系組幹部の男3人が警視庁に逮捕されました。

警視庁は、他にも事件に関与した人物がいるとみて詳しく調べる方針です。

参照元 : TOKYO MX









シャッター壊しただけで敵対相手はノーダメージの逮捕って(笑)

2020年2月15日土曜日

借家の住人に退去を求め脅したとして、指定暴力団旭琉會二代目功揚一家の自称自営業(51)ら2人逮捕

「早く出て行け」「ライフライン止める」暴力団組員ら2人を脅迫容疑で逮捕

2020/2/15(土) 9:10配信

那覇署は13日、借家の住人に退去を求め脅したとして、指定暴力団旭琉會二代目功揚一家の自称自営業(51)と、知人で自営業(68)の両容疑者を脅迫容疑で逮捕した。

逮捕容疑は昨年10~11月、本島内で他の男性2人と共謀し、自称自営業管理の住宅に住む50代男性に対し「早くここから出て行け」「ライフラインを止める」などと脅迫した疑い。

参照元 : 沖縄タイムス

2020年2月9日日曜日

半グレ集団「モロッコ」のリーダー(21)ら8人逮捕 ナンパ制止した男性を暴行

京都・半グレ集団リーダーの男ら逮捕「俺の名前聞いたら…」

2010/2/4(火) 23:51配信



去年9月、京都市内のクラブで店の関係者の男性の頭や顔面を殴るなどの暴行を加えたとして、大阪市内を中心に活動する半グレ集団のリーダーら8人が逮捕されました。

傷害や暴行などの疑いで逮捕されたのは、半グレ集団「モロッコ」のリーダー梶諒容疑者(21)ら8人です。警察によりますと梶容疑者らは去年9月、京都市中京区のクラブで女性客に声かけた際に店の関係者の男性3人に制止されたことに激高し、「俺の名前聞いたら後戻りできひんぞ」などと脅したほか、30歳の男性の頭や顔面などを殴るなどの暴行を加えて急性硬膜外血腫や脳挫傷などの重傷を負わせた疑いがもたれています。

男性は一時、意識不明の重体だったということです。

警察の取り調べに対し梶容疑者は黙秘していて、他の7人のうち一部は容疑を否認しています。

参照元 : MBSニュース












ナンパ制止した男性に暴力 半グレ集団のリーダーら逮捕

2020/2/4(火) 20:40配信



クラブにいた男性に暴力をふるい、意識不明の重体にさせたとして、京都府警は4日、傷害と暴力行為等処罰法違反の疑いで、半グレグループのリーダー、梶諒容疑者(21)ら男女8人を逮捕したと発表した。調べに対し、梶容疑者は黙秘している。

逮捕容疑は昨年9月23日未明、京都市中京区のクラブで女性客に声をかけたが、女性の知人男性(30)らに制止されて激高し、「どこの事務所に面倒見てもらってんのか」などと脅迫。店前の路上で男性の頭や顔を殴るなどし、急性硬膜下血腫や脳挫傷などのけがをさせ、一時意識不明の重体にさせたとしている。

府警によると、梶容疑者は大阪の半グレグループ「モロッコ」に所属しており、8人は遊び仲間とみられるという。

参照元 : 産経新聞








飲食店に入店を断られた稲川会系暴力団組員(21)、飲食店従業員の顔に唾を吐きかけ逮捕

入店拒否され従業員につば、暴力団組員を逮捕

2020/2/6(木) 12:55配信



飲食店に入店を断られ、従業員の顔につばを吐きかけたとして、暴力団組員の男が警視庁に逮捕されました。

逮捕されたのは稲川会系暴力団組員の川上丈容疑者(21)で、去年12月23日の午前8時ごろ、小田急線・町田駅近くの路上で、20代の飲食店従業員の男性の顔につばを吐きかけた疑いがもたれています。

警視庁によりますと、川上容疑者が暴力団組員であることを知っていた男性が店長に報告し、入店を断ったためトラブルになったということです。

取り調べに対し、川上容疑者は「脅したつもりはありません」と、容疑を一部否認しています。

参照元 : TBSニュース











指定暴力団稲川会系四代目森田一家の事務所に銃弾を複数回発射した疑い 2人目の逮捕者

暴力団事務所発砲事件で2人目逮捕者、59歳自称会社役員の男 静岡市

2020/2/7(金) 16:59配信



静岡市の暴力団事務所に銃弾が撃ち込まれ事件で新たな逮捕者が出ました。

山梨県北杜市の自称会社役員の男(59)は去年9月、すでに逮捕・送検された自称ガソリンスタンド店員の男(48)と共謀して、静岡市駿河区敷地にある指定暴力団稲川会系四代目森田一家の事務所に銃弾を複数回発射した疑いが持たれています。

警察は自称会社役員の男が、山梨県に拠点を置く稲川会系の組織に、実行犯とみられる自称ガソリンスタンド店員の男を紹介したとみています。

事件が起きる前、この組織と森田一家にトラブルがあったということです。警察は自称会社役員の男(59)が容疑を認めているかどうか明らかにしていません。

参照元 : 静岡朝日テレビ









自称会社役員?自称ガソリンスタンド店員?

堅気がヤクザの事務所に発砲??

自称会社役員と自称ガソスタ店員がヤクザとトラブル?

自称=嘘とみて間違いない。

対立抗争が激化している山口組と神戸山口組 双方の組員が結託して特殊詐欺

対立抗争激化している山口組と神戸山口組 その一方で双方組員が結託して特殊詐欺の疑い浮上 上納金資金のためか

2020/2/7(金) 19:35配信



対立抗争が激化している山口組と神戸山口組。その一方で、双方の組員が結託して特殊詐欺をはたらいていた疑いが浮上しました。

逮捕された山口組系の組員・深井流容疑者(32)ら2人は去年「キャッシュカードが偽造されているので預かる必要がある」と70代の女性に電話でうそを言い、カード4枚をだまし取った上、現金約316万円を引き出して盗んだ疑いがもたれています。

この事件では、うその電話をかける役割だった神戸山口組系の組員・青木竜治被告(28)が既に逮捕・起訴されていて、深井容疑者は、青木被告にスマートフォンや名簿に加え、アジトのマンションを調達する役割だったということです。

警察は、特定抗争指定暴力団の山口組と神戸山口組の対立が激化する一方で、組員同士が上納金にあてる資金を獲得するため結託して特殊詐欺をはたらいたとみて調べています。

参照元 : ABCテレビ











抗争中『山口組』『神戸山口組』が連携?特殊詐欺で“道具調達”と“かけ子”を分業か

2020/2/6(木) 16:03配信



対立する山口組と神戸山口組が『特殊詐欺』では連携していたのでしょうか。特殊詐欺のかけ子グループの神戸山口組系組員が摘発された事件で、スマホやアジトなどを手配していた山口組系組員が新たに逮捕されました。

「午前11時前です。容疑者の男が新大阪駅に移送されてきました。」(記者リポート)

詐欺などの疑いで大阪府警に逮捕されたのは山口組系の組員・深井流容疑者(32)ら2人です。警察によりますと、深井容疑者らは去年5月~6月、「キャッシュカードが偽造されているので預かる必要がある」などと嘘の電話をかけ、70代女性からカード4枚を騙し取り、ATMで約316万円を引き出した疑いが持たれています。

去年6月、東京都内にあった特殊詐欺のかけ子グループのアジトが摘発され、神戸山口組系の組員・青木竜治被告(28)らが詐欺などの罪で起訴されていますが、その後の捜査で深井容疑者らの関与が浮上したということです

対立抗争が激化している特定抗争指定暴力団の山口組と神戸山口組。深井容疑者と青木被告はそれぞれ別の組織に属していますが、深井容疑者らがスマートフォンや電話先の名簿、さらにアジトのマンションなどを手配し、青木被告らがそれらを使って詐欺の電話をかけていたとみられています。

警察は深井容疑者らの認否を明らかにしていませんが、対立組織の組員同士が資金獲得のために特殊詐欺で連携をしていたとみて調べています。

参照元 : MBSニュース

金を得る時は結託。

この双方の組員は破門にならないのだろうか?

常習賭博と覚せい剤取締法違反の指定暴力団山口組心腹会傘下組員で会社役員の男に実刑判決

プロ野球で1169万円賭けさせる 野球賭博などで組員に実刑 1927万円賭けた男も 徳島地裁

2020/2/8(土) 14:57配信

徳島地裁は7日、徳島県松茂町、指定暴力団山口組心腹会傘下組員で会社役員の被告の男(38)に常習賭博と覚せい剤取締法違反の両罪で懲役2年6月(求刑同3年6月)、徳島市、自営業の被告の男(39)に常習賭博罪で懲役1年(求刑同2年)の判決を言い渡した。

会社役員の被告は昨年8~9月、阿南市の男(29)=常習賭博罪などで有罪判決=にプロ野球の公式戦で1169万円、高校野球選手権大会で197万円を賭けさせた。

同年9月には県内などで覚醒剤若干量を自己使用した。

自営業の被告は昨年8~9月、阿南市の男の賭客になり、プロ野球の公式戦で1927万円、高校野球選手権大会で940万円を賭けた。

参照元 : 徳島新聞

心腹会

心腹会(しんぷくかい)は、徳島県徳島市鷹匠町に本部を置く暴力団で、指定暴力団六代目山口組の二次団体。構成員は約400人。

1967年12月、三代目山口組の尾崎彰春が、安原会解散の後、解散反対派を集めて結成した。

歴代会長
初代 - 尾崎彰春(本名は尾崎昭治)
二代目 - 尾崎勝彦
心腹会は名門であり、芸能界が一時期暴力団との縁を切ろうとした際、三代目山口組組員らが俳優の鶴田浩二を暴行し負傷させるなどして阻止したが、これに尾崎彰春も実行犯として加わっていたなどの実績もある。

さらに、警察庁長官であった後藤田正晴が第34回衆議院議員総選挙に当選する前、「尾崎(彰春)君は紳士だ」と発言していたと報道され、「警察官僚のトップにいた人物ともあろう者が」と世人の眉を顰めさせたこともある。

最高幹部
会長 - 尾崎勝彦

参照元 : wiki/心腹会