2019年11月28日木曜日

【抗争事件】指定暴力団神戸山口組の古川恵一幹部が路上で射殺される!逮捕の男「30発くらい弾いた」

神戸山口組の古川幹部、路上で撃たれ死亡 逃走の男を京都で逮捕、職務質問に拳銃突き付ける

2019/11/27(水) 17:52配信



27日午後5時すぎ、兵庫県尼崎市神田南通1の路上で、近くの女性から「パンパンという音が聞こえた」と110番があった。県警尼崎南署によると、男性が頭や首、腹部など少なくとも5カ所を撃たれ、搬送先の病院で死亡が確認された。

県警が殺人事件として調べている。 同署などによると、死亡したのは、指定暴力団神戸山口組(神戸市中央区)の古川恵一幹部(59)=尼崎市。捜査関係者によると、現場は親族が経営する飲食店のそばで、十数回の発砲音が響き、付近に複数の空薬きょうが落ちていたという。

発生直後、発砲したとみられる男が白い軽乗用車で逃走したとの情報を受け、県警が緊急配備し行方を追っていたが、京都市南区の路上で京都府警の警察官が特徴の似た車を発見。職務質問したところ、持っていた拳銃を突き付けたほか、車内から拳銃と自動小銃、実弾5発が見つかったため、銃刀法違反などの疑いで車を運転していた無職の男(52)=愛知県江南市=を現行犯逮捕した。

捜査関係者によると、男は神戸山口組と対立する全国最大の指定暴力団山口組傘下組織(兵庫県姫路市)の組員だったが、既に破門されたとの情報もあるという。県警は抗争事件の可能性もあるとみて、他に関与した人物がいなかったかなど組織的な背景の有無を慎重に調べている。

現場は阪神尼崎駅の北西約400メートルにある繁華街の一角。古川幹部はほぼ同じ場所で、2018年と19年にも山口組系組員に襲撃され負傷した。

参照元 : 神戸新聞NEXT



古川恵一幹部(59)


尼崎・神戸山口組幹部射殺 逮捕の男「30発くらい弾いた」

2019/11/28(木) 18:54配信



兵庫県尼崎市で起きた発砲事件で、逮捕された男が発砲した回数について「30発くらい弾いた」と話していることがわかりました。

27日午後5時ごろ、兵庫県尼崎市の路上で、神戸山口組の古川恵一幹部(59)が頭や首などを撃たれて死亡しました。事件を目撃した人は「僕が見た時には、もう横たわっていた。

その後も何発も何発も撃ち込んでいた。ピクリとも動かなかった」と話しています。発砲事件直後、現場付近にある防犯カメラには白い車が猛スピードで走り去る様子が映っていました。

この約1時間後、警察は、現場から車で逃走したとみられる朝比奈久徳容疑者(52)を京都市内で逮捕し、拳銃と自動小銃を押収しました。

その後の捜査関係者への取材で、朝比奈容疑者が「30発くらい弾いた」と話していることがわかりました。古川幹部は頭を集中的に銃撃されていたということです。

参照元 : ABCテレビ














尼崎の暴力団幹部射殺、容疑者は保釈中 あす判決の予定

2019/11/28(木) 14:05配信



兵庫県尼崎市で27日、指定暴力団神戸山口組の古川恵一幹部(59)が射殺された事件で、京都府警に銃刀法違反容疑などで逮捕された朝比奈久徳容疑者(52)は、今年8月に覚醒剤取締法違反(使用)の罪で岐阜地検に起訴され、今月29日に岐阜地裁で判決を受ける予定だった。捜査関係者によると、27日の事件当時は保釈中だったという。

■現場から500メートル、厳戒の小学校 神戸山口組幹部の射殺事件発生から一夜明けた28日朝、兵庫県尼崎市の現場周辺では県警の現場検証が午前10時に始まり、ものものしい雰囲気に包まれた。

現場の北約500メートルにある市立難波小学校に登校する小学生には保護者らが付き添い、教職員や警察官も各所で見守った。息子と娘に付き添った40代の母親は「子どもが登下校時に巻き込まれないか不安。下校時も迎えに行きたい」と心配そうな表情を見せた。

参照元 : 朝日新聞


住宅街で“自動小銃”10発以上 山口組の分裂が関係か

2019/11/28(木) 19:43配信



兵庫・尼崎市の住宅街。
駅からも500メートルほどしか離れていない路上で、暴力団の幹部が銃撃されて死亡した。

使われたのは、軍隊でも使用される自動小銃だった。

人通りも多い住宅街に響いたのは、自動小銃の乾いた銃声だった。

現場近くにいた人は、「パンパンパンってちょっと間を空けて、5回か6回か、すごく響いていましたね」、「金属音みたいな、ガシャーンって音」などと話した。

一夜明け、現場近くの小学校では、児童に付き添う多くの保護者の姿があった。

現場近くの小学校の保護者は「すごく怖かったですね。帰りも学校が終わってから連れて帰ると思います」と話した。

尼崎市で27日午後5時ごろ、神戸山口組の幹部で、傘下組織「三代目古川組」の古川恵一総裁(59)が、自動小銃で10発以上銃撃され、死亡した。

撃った男は、現場から車で逃走。

その後、京都市の路上で見つかった際、警察官に拳銃を突きつけたため、銃刀法違反などの容疑で現行犯逮捕された、朝比奈久徳容疑者(52)。 現場は、阪神尼崎駅から500メートルほどのところにある商店街の一角。

マンションなどが立ち並び、27日の夕方も、買い物客や帰宅途中の人が多くいた。 当時、親戚が経営する飲食店で食事をしていた古川幹部。

そこへ朝比奈容疑者が現れ、古川幹部を外に連れ出すと、すぐさま自動小銃を10発以上発砲。

現場近くにいた人は、「動かない。手も足も大の字で寝たまま。お店の前で倒れているという感じ」と話した。

凶器となった自動小銃は、軍隊や自衛隊などでも採用されている銃器。 自動小銃は、弾薬が自動的に装塡(そうてん)されるため、間を置かず連続して撃つことが可能で、高い殺傷能力がある。

日本では、一般に出回るはずのないこうした凶器が使われた、今回の事件。 その背景には、山口組の分裂があるとみられている。

全国最大の暴力団・山口組は、4年前分裂し、一方が神戸山口組を結成。

さらに、神戸山口組から離脱した勢力が、任侠山口組を立ち上げ、三つどもえの対立が激化している。

今回狙われたのが、神戸山口組系の幹部だったのに対し、銃撃した朝比奈容疑者には、対立する山口組系の組員だった過去がある。

山口組と神戸山口組をめぐる事件は、これまでも。

2019年8月、ワゴン車に向けて銃を向ける、フルフェースのヘルメットをかぶった人物。 車には、山口組系の組員が乗っていた。

ヘルメット姿の人物は、窓越しに発砲し、そのままスクーターで逃走した。

さらに10月、今度は、神戸山口組系の組員2人が銃撃される事件が。

現場を偶然通りかかった車のドライブレコーダーの映像。

路肩には横たわる人物が。 その脇には、仲間とみられる面々が助けを求める姿が映っていた。

10月には、今後の抗争のキーマンとされる、山口組のナンバー2・高山清司若頭が出所している。

これにより、司忍組長とともに、組織を束ねるナンバー1とナンバー2が、5年ぶりにそろったばかりの山口組。

このタイミングで起きた事件は、今後の抗争をどう左右することになるのか。

参照元 : FNNニュース






























容疑者は「偽装破門」されたヒットマンの可能性も…神戸山口組幹部射殺 小川氏が指摘

2019/11/28(木) 17:30配信



27日午後5時すぎ、兵庫県尼崎市内の路上で指定暴力団神戸山口組の古川恵一幹部(59)が撃たれて搬送先の病院で死亡した事件を受け、元神奈川県警刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平氏は28日、当サイトの取材に対し、襲撃から約1時間後に京都市内で、自動小銃や拳銃を所持していたとして銃刀法違反容疑などで現行犯逮捕された朝比奈久徳容疑者(52)が六代目山口組傘下の二代目竹中組を昨年末に「偽装破門」された後、ヒットマンとして古川幹部を狙っていた可能性を示唆した。

古川幹部は昨年3月に尼崎市内で殴打され、今年7月にも今回の現場付近で傘で殴られていたが、殺害された今回は現場から約10個の薬きょうが見つかった。小川氏は「その数からすると自動小銃を使ったと思われる。普通の拳銃よりも殺傷能力のある武器を使ったということは、『確実に相手を殺害する』という強い意識を持って動いていたと考えられる」と、自動小銃を使用した者の心理を分析した。

小川氏は関係者らを通して、二代目竹中組の組長の名で、朝比奈容疑者に対して「平成三十年十二月五日付を以て『破門』致しました」と記された破門状を確認。同氏は「去年の12月付ですが、破門状が回ったのがそれほど古くないことから、破門の日付けを昨年にした、偽装破門の可能性が強い」と推測し、組織から形式上は抜けたことで「ヒットマンとしての役目を果たそうという狙いがあったのではないか」と読み解いた。

山口組と神戸山口組の対立を巡っては、今年4月に神戸市の路上で神戸山口組系組幹部が刺されて重傷を負い、8月には神戸市の山口組系の事務所前で組員が何者かに銃撃された。そして、10月には神戸山口組系組員2人が射殺された。

小川氏は「報復ということで言えば、山口組は10月の時点でやっている。それでも、まだ終らない。『徹底的に潰す』という意識の表れを感じる」とし、六代目山口組ナンバー2の高山清司若頭(72)が10月に出所したことの影響も指摘。小川氏は「予想されてはいたことだが、高山若頭の出所後、動きが活発化している」と解説した。

現場は阪神電鉄尼崎駅の西約500メートルの飲食店やマンションが立ち並ぶ一角。一般の人の往来する街中だった。小川氏は「一般の方が巻き添えになることが懸念されます。気を付けることは、銃声が聞こえたからといって、音のした方向に、やじうま根性で行ってはいけないということ。音がやんだと思っても、その後で報復行動があることがある。直ぐに家屋内に逃げること」と注意を促した。

さらに、同氏は「暴力団の抗争に対して警察は『ヒト・モノ・カネ』に狙いを絞り、組織の弱体化をはかっている。今回は、通常見られない『自動小銃』が押収されていることから、『モノ』の出所に関して徹底的に捜査を進めるでしょう」と今後の展開を見据えた。

参照元 : まいどなニュース


射殺直前に居酒屋で同席か

2019/11/28(木) 8:47配信

兵庫県尼崎市の路上で指定暴力団神戸山口組幹部が射殺された事件で、銃刀法違反容疑で京都府警に逮捕された男が事件直前に現場近くの居酒屋で幹部と同席し、飲食していたとの目撃情報があることが28日、捜査関係者への取材で分かった。

参照元 : 共同通信






0 件のコメント:

コメントを投稿